TERAの課金体系はどうなる?

いあー平日はホントお仕事で全滅な感じですorz  なのでブログもMMOも週末限定になっちゃってます。

でもこれだけ忙しくなっても現在プレイ中の DragonNest はアイテム課金なので月額固定課金が無い分、何ら財布を傷めることがありません。金額だけのお話をすれば損失感は皆無です。ただ、ギルメンとのコミュニケーションが取れないという損失感は増えてますが・・・

で、韓国TERAの課金テーブルが決まりましたね。(む)ブログ殿に載っておりました

・30日利用権(19,800 ウォン)  = AION と同額
・90日利用権(47,500 ウォン)  = AION より20 ウォン安い
・3時間利用権(3,000 ウォン)  = AION と同額
・30時間利用権(15,000 ウォン) = AION より 3,000 ウォン高い

30日間利用権を日本円に換算すると約1460円、
90日間利用権を日本円に換算すると約3500円となります。


以前のアテクシの日記にAION初日の様子& AION とリネ2の課金テーブルの話を載せております。

果たして日本ではどのような金額になるのでしょうか。
NJC社は予想の斜め上を行く課金テーブルを日本では展開しますが(*1)、ハンゲーム殿はいかなる展開を行うのか期待と不安がないまぜになった気持ちです。

(*1)韓国ではリネ2の67.5%の価格のAIONが、日本ではリネ2より高い設定&米国AIONの倍額設定

続きを読む →

LV40装備がちょっとだけ & Benchmarkの鬼達



マンティコアネスト/ノーマル(通称Nマン)に行った時に野良PTで【加護のテラマイシューズ】、ギルハンで【魔力のテラマイシールド】を金箱から得ることができました。

それとマンティコアネスト/ヘル(通称Hマン)でマンティコア装備の胴装備ようの材料がそこそこ貯まっていたので、足りない物だけちょっと買い足して【暁光のマンティコアアーマー】を製作しました。

やはりLV40エピック装備を強化して、かつ新機能であるコードを付けることによってHP/MPはそこそこ増えてくれます。ギルメンの話ではHPが12万もあるSSを見たという話で、それを聞いていた子は「こっちは半分ぐらいだなぁ」なんて言っておりました。

えっ!?それに引き替えアテクシは装備が整っていないせいもあって上記Drop品などを装備してやっとHP20000ちょいなのですが@@・・・


続きを読む →

ダークレア制覇っ!!

リアルの忙しさでIN時間が遅くてなかなかダークレア(通称DL)には行けてなかったのですが、ギルメンの中ではすでにクリアしたメンツも増え、攻略情報も認知されてきておりました。DLは全部で36ステージあるのですが微かな記憶では最高でも30ステージぐらいまでしか行ったこと無かったような場所デス。

Lair【名】
1 (野獣の)ねぐら,巣,すみか;((英))(市へ送られる途中の家畜の)囲い,小屋.
2 ((略式))(無法者の)隠れ家,(人の)休み場所,寝床.
3 ((スコット))墓地,埋葬地.




 そんな中でギルメンとDLに行く機会が有りまして、2回連続していきました。1回目はなんと35ステージまで行くことができました。が、攻略方法をしらなくて全滅・・・でも2回目はそれを踏まえていきましたのでとうとう最終36ステージ目のジェレイント戦をしのいでクリアできましたよっ!

 ってもギルメンの力が有ってこそなので、とてもありがたいことです。最強クラスの称号【幻影の帝王】も頂けました。




 主な強力である称号の一覧は左図のような感じとなります。

 称号っていつの間にか増えてるんですよね~ 。 幻影の帝王の前は上流階級を使っていたのですが、あとから見て『地獄から這い上がってきたのほうが全然いいじゃないの~ぅ!』と思いましたともw

 ドラネスはシステムログが全然細かく分かれていないので、PTMだけでなく他のプレイヤーのログもどんどん流れる故に、自分が称号取ったとしても気づかないことの方が多いですね。 ギルメンやフレンドのログイン情報と、称号取得のログ’はギルメンやPTMだけにして欲しいです。




 DLが終わっての一時。その場に居合わせたギルメンと称号で遊んでましたw

 ドラネスはネタとしか思えないような称号もあります。あるいは特殊な条件で、PTで最後まで全く攻撃しないでいると貰えるものとかのもあるですしね~



いちおうDLのラストステージ、ジェレイント戦を録画したのですがホントに最後の方を慌てて録画したので直ぐに終わってしまっている動画です。以前、ジェレイントさまの最期のシーンで空中に飛び去っていることを指摘しましたが、やはりDLで倒された時も同じように斜め上空中に飛びされておりましたw。 これってジェレイントさま仕様ってことですよねぇ

(右から3つめのボタンをクリックすると実サイズで見れます)







ビデオが再生されないときは、DivX Web Player for Windows/Macをインストールしてください。

Apocalypse Nest & coming soon TERA

★TERAのお話
11/11(THU)にいきなりですが TERA の日本展開が始まっちゃいましたよっ!!

公式:http://tera.hangame.co.jp/

あてくしも超注目のMMORPGですが、Dragon Nest と同じHanGameの提供です。アカウントが共通で助かりますねw。TERAはもとリネージュ2を手がけた人達で作られているものですので、以前リネ2を遊んでいたアテクシにとってはちょっと期待感込めちゃうんですよね~

無論、その実は蓋を開けてみないと分かりません。例えば4Gamer殿でインプレッション記事や Teaser Movie を見ることはとても楽しい。でも実際にプレイしてみると「あれ?こんなものですかねぇ・・・」という肩すかしは「あるあるw」という感じで。TERAといえばグラフィックが注目されておりますが(*1)、遊びを維持させる為にはそれだけではダメです。

以前書いた、遊びと人間に関する日記(その1その2)の中で『遊びの定義』について触れております。ドラネスはMMOでかつ基本無料なのでこの日記にはちょっと当てはまりにくいのですが、TERAはMMORPGでかつどうやら月額固定課金(韓国では。日本は未定です)のようなのでアテクシ的にも見る目が異ることになり、この日記で意識してる目線で鑑みることになりそうです。

とまれ二刀流が大好きなアテクシとしてはTERAにおける Warrior という職が気になります。と同時にリネ2のサブクラスシステムでBUFFERに目覚めた身としては Priest も気になりますなぅ

ところで、リネ2やAION等の月額固定料金のものをずっとプレイしていて、ドラネスで初めてアイテム課金方式のものをプレイしたのですが、これはおもったよりも集金できるシステムのような気がします。月額固定料金で忙しくてあまり遊べない月とか有ると「なんかもったいないなぁ」と思うのですが、正直いうとドラネス始めてから1年経っていないのに、AION1年分より課金しているような・・・フヒ

続きを読む →

LV40到達!

11月03日、カンスト致しましたっ!

 いよいよマンティコアネストに入れます。まぁ希少種の雷プリなので野良PTはちょっと参加厳しい感じですが、もちろん初マンチィコアはギルドで行かせていただきました。進め方とかをギルメンに教えてもらいながらwkwkして行きました。教えてもらいながらもノーマルでマンティコア討伐までになんとか生きてましたが、ヘルでは幽霊でしたorz。初参加ではこんなものでしょうw。翌日のマンティコア討伐ではノーマルは比較的余裕、ヘルでも最後まで立っていられましたよ~

 しかしながらまだまだ詰められるところがあると思われます。

 以前載せた、史上最難度シューティングはいかにして攻略されたか? 「怒首領蜂 大往生 デスレーベル」クリア者と開発者に聞く

 この中に「クリアの計画」というお話が出てくるのですが何度読んでもよいですね。もちろん諦めない気持ちがとても大切ですが漫然と繰り返し挑戦しても同じようにENDするだけです。でもENDを恐れてもだめで上手くいかない時は『もう10回死んでみよう』という感覚は必要ですね~そこから次に繋がる何かが拾えるはずっ!

 って忙しくてせっかくLV40になったというのに写真がない・・・LV40スキルのヘブンズジャッジメントの動画を含めてそれらは後ほど載せようかと思います@@

カンスト直前っ!

★LV39になった話
 精力的にドラネスをこなしていたらいつのまにかLV39にっ。カンストまで@1です。そして雷プリ最強スキルが目前ってことですよ~。周りに皆目使っている人が居りませんのでまさに自身で確かめることになります。ギルメンも楽しみにしているみたいでwkwkしますねー。
 自分で思っていたよりも早くLVUPしちゃいました。描いていたロードマップでは11月中旬ごろにLV40になる予定でしたが、恐らく11/06、07あたりに達成しそうな感じですっ!

★ジェレイントさまの話
そんな成長過程の中でDNのメインクエ、第5章が終わりました。第6章はまだ実装されておりませんのでここでいったん終了となります。そして第5章のクライマックスシーンで自身が龍族であるジェレイントさまが最後の最後にお亡くなりに(TT)

そのカットシーンが以下です。マイキャラと一緒に表示される形でのカットシーンはよいですねぇ
(右から3つめのボタンをクリックすると実サイズで見れます)







ビデオが再生されないときは、DivX Web Player for Windows/Macをインストールしてください。



ですが・・・星になったと思われるジェレイントさまですが、最後の最後にさっと甲板を蹴って飛び去っていきましたよ@@。間違いなのか、はたまた第6章以降に続く複線なのか、あてくしは判りませぬw

第6章に期待デス(たぶんアポカリプスネスト関連実装の時かなぁ)




★Diablo3の話
公式サイトが相変わらずカックイイ超注目タイトルの Diablo3 ですが、4Gamer殿に最後に紹介されたクラスである Daemon Hunter が紹介されております。

4Gamer殿の記事に寄れば各クラスと能力を変化させるものとの組み合わせが970億通りあるそうでs・・・まぁ組み合わせの多さがゲームの面白さと直結しないのが常なので、なんとも言えませんが「少ないよりはまし」と考えております。

どんなにたくさんの組み合わせがあろうともやはりクラス(職)事に定番ビルドって生まれちゃうので、落ち着くところは十数種類という・・・嗚呼いけませんっ!こういう後ろ向きな考え方は駄目ですよね!!

このあたりのスキルビルドに関して Diablo3 がどれだけ作り込まれて世の中にリリースされるのかは蓋を開けてみないと判りませんが、ビルドの選択肢として迷いが生じるぐらいの物を用意して欲しいですね~

例えば、ドラネスのクレリックスキルでも「誰も選択しないだろう」というスキルがあります。SPの上限を考えるととてもじゃないけど選択できないというものが。Diablo3 もそんな物が多くなるとビルドが限られてくるのでどうなるのかなぁという感じです。

とまれ世界中から注目されているタイトルですので練り込み度は半端無いと思われマス。もちろんオンラインモードもあるはずで、このシリーズは Co-Operation プレイになるところが楽しいはず。アテイム収集も相当にアツイはずです。楽しみデスね^^v

ドラネス邁進ちゅ

09/15のLVキャップ解放からこっち、いろいろ忙しくて全然ドラゴンネストをプレイできていなかったのですが1か月経過しての10/14あたりからIN率を上げて頑張っておりますっ

絶滅希少種である雷プリ路線を突き進んでおりますが、残るスキルはLV40でのヘブンズジャッジメントだけです。LV35で雷撃の威力を上げるブレスオブライトというのが有りますが、らららもるせよ!殿でのSP計算に寄れば取ることはできなかったですorz。まぁ万能キャラは作れないのでこればかりは仕方ありませんなぅ。

ギルメンが 『LV36からは(LV上げが)楽になるよ〜』 って言ってくれました。 確かにLV36からクエストが発生してEXPをさらに稼ぐことができるようです。ただ単に効率を求めるなら、捨てられたウィンドウハロウをマスターLVで回る方が良いらしいのですが、それは楽しい事ではないのでやはりクエを消化しながらの方が面白いですね。

ちょっと残念なのはPTで回っている場合、クエのメッセージをじっくり読む時間も無いので(みんな待っているゆえ)ストーリーが頭に入らないということでしょうか・・・さっと流し読みして終わりデスから。

続きを読む →

ついにLVキャップ解放っ!!

ついに、やっとドラゴンネストのLVキャップ解放が 09/15 に行われます。
公式サイトでは Chapter5という位置づけになります。

実際にどういうコンテンツになるのかはまだ未発表なのですが、LV40スキルを取得できるようになるという所は間違いありません。

本国ではLV40向けのコンテンツも実装されていますので、それらもいくつかは実装されるのかも!? ティーザーサイトがOpenしてますがコンテンツ公開はこれから09/15にかけて少しずつ公開されていくので楽しみといたしましょう。


LV31のミッションを終わらせた時のカットシーンからのScreenShotに拠れば続きは Chapter5 と明記されていますので、50年前の英雄が一人『魔女カーラ』にあえるのかも! アルゼンタはジェレイントの傷を治すためカーラを探すと言ってセントヘイブンを旅立ちましたので。

そのあたりのちょっとした詳細(って変な日本語ですがw)4Gamer殿に記事が載っております



LVキャップ解放ということで目指すところはLV40スキルのヘブンズジャッジメントとLV32スキルのホーリークロスバーストの強化ぐらいしか残っておりません。しかしドラネス動画を見た限りではレリックルートの【レリックオブミラクル】のほうがよく見かけますなぅ。やはり敵を攻撃しつつ見方を回復するというのが神性能ということでしょうか。

あてくしは初志貫徹で雷ルートで頑張りますけどっ!w


先週に引き続き、ギルメンの米ちゃん主催でPvP大会をいたしました。アテクシはリアル事情で1時間も遅れての参戦だったのですが2on2大会にはぎりぎり間に合いましたのでさっそくJoin~

ん~でも少人数のPvPの場合、プリは手も足も出ませんなぅ。スキル発動が遅いのでそこに攻撃受けるとスキルキャンセルとなり、当然つぎの発動までふつーにディレイあります。なんというか、プリは基本的に大技系をもっさりと発動するのでスピーディなPvPでは空気でしたw。 本格的にPvP楽しむなら別の職でないとストレスがたまる一方になりそうです。とは言うものの、あてくしは2nd、3rd きゃらがカンストしてるみんなと違ってプリだけで手が回らないという・・・orz



続きを読む →

ドラネスとFF14

ちょっと前回の日記から間が空いたので盛りだくさん気味の今回です。

<atreide.info がCLOSEになっていた件>
 いあー、自分でもビックリなのですが、atreide.info を設置しているレンタルサーバーとの契約が切れてしまって接続できなくなってました(@_@;  手続きを済ませて再開することができました。もっと放置してたら完全に消されてしまうところでした(滝汗)。
 クレカによる自動継続更新なのですが期限が切れている登録のままだったので支払いが空振りして、かつその連絡が普段まったく使っていない側のメアドに来てたので気づかず・・・

<ドラゴネストの近況>
 06/24(THU)にLV24からLV32へのLVキャップ解放があり、07/03(SAT)にはLV32になりカンスト、07/14(WED)のケルベロスネスト解放でケロ討伐の日々・・・ そんな感じでドラゴンネストを遊んでおりましたが、どうも日本の運営がよろしくない。いぁもともと運営がイイってお話はMMORPGの世界では希有なんですけどね・・・

 例えば、08/11(WED)に実装された水着アバターは他の商品との抱き合わせ販売でした。この実装時に仕様変更かバグかは未決ですが Force User のスキル威力がダウングレードされてFUのみなさんは一気に萎えてしまってるようです
(こちらは08/25のアップデートで修復されました)
 以前のアップデートで、レアやエピックのDrop品が帰属状態から封印状態でDropするようになって、販売がしやすくなりました。帰属→封印に戻すには課金アイテムの蜜蝋が必要だったのでこれが不要になったのからですね。ですがケルベロスネストでDropするものは職に関係なく帰属状態でDropするので、仲間内に譲ることもできないし、課金アイテムの蜜蝋がなければ分解して材料取り出しにいくしかない。

 あてくしはこれちょっと中途半端な仕様だと思うんですね。
例えば蜜蝋は@40円で、武器の封印には10個必要。従って1つ武器を封印するのに400円必要となります。そこまでして売る価値があるかどうか微妙なDrop品はみなさん分解して材料にしてます。
 しかしこれだと代行販売に流れる量がぐっと減ると思うのですよぅ。ちょとこれ売ればそれなりにしそうだなぁというレア品でも『蜜蝋代高いから分解でいいやぁ』ってことでどれだけアイテムが分解行きで露と消えているか・・・
 たとえば蜜蝋@40円は変えないとしても、武器の封印に必要な数を4つとか防具なみに減らして、防具類の必要数を2つにするとかで『これぐらいなら課金してもイイかなー』てきな線に抑えてもらえばもっと課金するひとが増えるんじゃないかなと勝手に考えてます。

続きを読む →

漆黒の羽と新アバター装備、そしてギルド関連

07/28(水)に発売のGackt氏のシングルCD「EVER」についている、ドラゴンネスト限定アバター【漆黒の羽】をゲットしました。


移動速度が7%も上がるので足の遅いプリーストにとっては良い感じのアバター装備です。ですが黒い羽となると色的に合わない感じなのです。CDに付属のシリアルコード入力後に散々まよったのですがアバター装備はキャラ間で移動はできないので、黒い羽が似合うソーサレスに送りました。

08/18にはこれまたドラゴンネストの歌を担当されている KOKIA 氏のCDに【輝白ノ翼】という白羽が付いてきます。性能は漆黒の羽と同じなのですがこちらは真っ白なので、プリーストにお似合いに違いありませんw



ぢつわGackt氏のCD予約注文したアトにKOKIA氏のCDの情報を見かけて「うわー、やっちゃった!」という感じでした。

ドラネスの公式ページにGackt氏のCDの宣伝が全面的に出ていたので(時間で表示が切り替わるFlash広告みたいな部分)急いで予約に走ったという・・・まぁでもGackt氏の方は限定版を予約してEVERのPVも付いており、結構カックイイ内容だったのでこれはこれで満足でしたわw



続きを読む →