PRIUS:本気プレイの続き

PRIUS世界に於けるアトレイデ、限定アイテムの貰えるLV21到達を果たしました

前回のPRIUS記事にも載せたようにEQ2(EverQuest2)のテイストを凄く感じさせる物なので楽しいですね?



さて、LVが5つ上がるごとにそのLV用の装備を一式自動支給される(アクセサリーは除外)のですが、支給されるときは1冊の本という形で支給されてそれを『使用』することによってインベントリに装備が展開されます。この展開時にぢつわランダムでグレードの高い物が支給される場合があるんですねぇ

あてくしがLV15で支給されたときの弓は最初から等級が『特別』で精錬(いわゆるOE:Over Enchant)レベルが+2でした。LV20で貰った弓はノーマル品で精錬無し・・・なので店売りしているものとオナジデスorz

PRIUS場合、他人のLVや装備が自由に見れますので(これもEQ2と同じなんですよね)中には等級『稀少』の弓も見かけたり。左図のものですとLV18から装備できるのですがLV20の弓より基本攻撃力が全然高いです。こういう物はPRIUS内のオークション機能でやはり高額で出品されています。



上手をみていただくと気がつくかもですがLVが上がってくると装備品に耐久度が表示されるようになります。これまたEQ2にあるのですが耐久度がゼロになる前に修理しないと狩り場でゼロになって困ったことになります。装備してる物を一括して修理する機能があるので手間は掛かりませんがそれなりの出費をしますねぇ

精錬(=OE)ですがリネ2に比べれば格段に安全な感じデス。ただ+4から先にはなかなか上がりません。精錬に失敗すると精錬LVが1または2さがります。つまり+4だったものが+3や+2になるのです。リネ2の場合は失敗=武器の破壊なのでダメージ大きいですがPRIUS場合は壊れにくいです。壊れにくい、ので壊れる場合はあります。しかしゲーム内で手に入る材料で精錬時に武器が100%壊れないようにする物、というの物があり、精錬時にそれをセットすることによって破壊を防ぐことができます。

おそらく課金アイテムとしてそのような精錬関連の物は出てくるんぢゃないでしょうか。




←LV20時に支給された装備です


そしてLV21に上げる過程でギルド(=血盟、クラン)にも体験で入って見ました。CBテスト期間は短いのですが2つめのクランです(オィ

 EQ2の時もそうだったのですがクエメインのMMORPGとなるとぢつはPTマッチって意外と振るわないんですよね。というのは基本的に提供されるクエが、自身のLVに応じて追加されてゆく(=LVがあがると新クエが解放される)ので、LVに合わない作業ってことがほとんど無いということです。つまりソロでどんどん出来てしまう。もちろんクエの報償は同じなのでペアやトリオでやればアッとゆう間にクエが終わるのでその分成長が早くなると思うのですが、それはそれで条件あわせの問題があります。


 基本的に同じぐらいのLVでないとクエの条件(≒開始LV)が合わないのでPTプレイが難しいこと、同LVでも人によっては終わってしまっている場合があることがPTプレイを難しくさせます。PRIUSの場合はミッションクエという何度でも可能な物と一度きりのストーリークエとがあって、とくにストーリークエは一度終わってる人は再度受けることができないのでPTでこなすことはかなり難しいと言えます。そしてミッションクエは1人でもできてしまうという・・・

PTでこなすとなるとクエにLV15+という標記でプラス記号が付いてる物がレイド級のMOBが相手のクエなので1人では厳しい物となるゆえPTでのプレイがむしろ必須となります。ただそれさえも対象MOBよりLVを5つ以上あげて臨めばソロでたおせるようで(実際に目撃しました)・・・

PRIUSにもリネ2で言うところのメイズに相当する物があり、ダンジョンと呼ばれたインスタンスゾーンがあります。こちらは逆にPTマッチで人を集めないと行けない仕様となっておりますのでMMORPGっぽい遊びができます。

PTプレイでないとMOBを倒したときのDrop品をいちいち拾わなくてはなりませんが、PTの中にいればクエアイテム以外は自動取得なので上図のようにPTが立ちます。挨拶・会話不要ってみるとリネ2から来た人間にしてみればなんか寂しいです。なのでJoinしたりしません。リネ2の記事を書くときに何度か無言PTの苦痛を書いた記憶があるのですが、PRIUSの場合逆に無言推奨マッチが立つのですから初めて見たときは青天の霹靂でした。「・・」で表示されているPTマッチは1人PTプレイのマッチでJoin不可制限も掛かってます。つまりマッチを自作するのですがPTプレイによる自動拾い用です。なのでマッチ名がないんですね。まぁ挨拶・会話不要PTに入るよりは自分だけが居る自作PTですし気楽っぽいですが・・・



PRIUSの特色を韓国の情報から書き纏めた記事を見つけました。

この記事の結びに書かれているように PRIUS はソロ向けの要素がわりと強い感じは確かにありますね。それが今後の展開で日本人プレイヤーにどのような形で受け入れられていくのかデスね。リネ2ならできるだけクラハンを行うように努める(=ソロでできることがかなり限定される)のですが、PRIUSの場合「基本ソロ、ダンジョンやLV+のMOBにアッタクするときはクラハン」という形になりそうで、ある意味クラメンとの繋がりが希薄になりかねない要素を持ってますなぅ。

実際EQ2を行っていたときは割と大型クランに入ったのですがカンスト級のLVに人たちでワーッとどっか行ってるみたいでLVが低めの人たちは放置ぎみで・・・そのなかでも一生懸命そういう人たちをPTで連れて行こうとしているクラメンもいましたけど(※EQ2は高LVの人が低LVの人にLVを合わせることができる機能がありましたので)、やはりクランに入っているのに身内と少数PTとかソロとか多めで「何だかなー」という感じでした。

リネ2の場合は逆にソロ可能職でない限りは必ずPT組まないと厳しいのでクラメンでPT作ってどっか行こうという感じで繋がりは強いです。裏を返すとクラン、野良でPTがないときは遊べないってことになりますが、それを打開するためかサブクラスでソロ可能職を選択したり、WIZ変身(インクイジター)などが実装されてますよねー

LV21まで成長させての感想は、様々なクエが楽しくもどこか孤独なプレイになってしまい、もうちょっとクラメンでワーワーはしゃぎながら遊びたいんだけど、それがけっこう難しいMMORPG、といった感じデス。このさきGvGやPTプレイ必須な物がどれだけ増えるか、バランス調整が難しそうですが単純に韓国に仕様を持ち込んでくるんぢゃなくて日本人プレイヤーのスタイルに合わせた調整を望みたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください