+最近のあれこれ

ちょっと前の日記で Machinarium というインディーズ・ゲームのことを載せました。会員になっている Steam で見つけたのですが、同じSteamでこれまた同じようにインディーズ・ゲームで Torchlight という Hack&Slash 系のシングルRPGも発見しました。

と思ったらこれも4Gamer殿に載ってるじゃんっ!
4Gamerのインディーズ・ゲーム担当の方もSteamをチェックされているので被りますね?

Hack&SlashなRPGといえば Diablo2 が代表格ですがこれには 【レアアイテムとは何か】ということの真の定義がある と今でも思います。もちろんその系譜は Torchlight や(買ったけど遊んでない)TitanQuest にも流れてます。

AION にもノーマル/レア/レジェンド/ユニークというアイテムグレードがありますが、これらは予めシステムに埋め込まれた物が確率でDrop(あるいは製作で出来る)だけなのですね。なのでそれらにアイテムに付与されている性能値は固定です。これをEnchant(強化)することによって高めることが出来るのですが、基本の攻撃力あるいは防御力が上がっても特殊なオプションは上がりません。例えば飛行+3がEnchantが上がるにつれて伸びていくということはありません。

Diablo2の場合は装備品のEnchantという概念(機能)がないのですが、そのかわりDrop品に付与される数値がランダムなので、時にノーマル品なのに極端に性能の良い物が生まれたりします。例えば、武器ならば装備しているとMPが10%増えるプラスクリダメの確率を50%あげるプラス殴る度にHPを回復する・・・などという複数のオプションがついたりします。

Diablo2 自体は2000年リリースのゲームなのですがあてくしがプレイしたことあるのは3年ぐらい前です。やはり上述のようにより良いオプションがついてる物を求めるべく何度もアタックするのが楽しかった記憶です。それと他のMMORPGにはあったりするのですがスキル・ツリーがポイント制で、どれを伸ばすかによって同じ職でも全然違うキャラになるというキャラメイクの部分が熱かったですね?

リネ2でもスキルのEnchantが終盤で導入されましけど、自キャラのLVUPに伴って行うそれとは違って如何にお金掛けたかの世界なのであてくし的には楽しめる物ではありませんでした。

このさき Diablo3 がやって来ますが、恐らく Diablo2 と同様にネットでの Co-Operative プレイができると思われます。日本語対応は怪しい所ですが未来の楽しみとしておきたいと思います。

さて肝心の Torchlight なのですが日本の有志によるWikiも立ち上がっておりました。デモ版を遊んだ感じでかなり楽しめました。価格もお安く$19.90なのでこの円高時にはかなり激安で楽しめる感じで・・・円高に関するちょびっとシリアスなトピックを最後に記述します。


最近 AION にあんまりINしておりませんがぢゃあ何をしてたのかというと、久々にCB、OBでの別のMMORPGをかじって・・・もとい検証してましたw

以下のMMORPGをモグモグ・・・

スペルボーン/AIKA ONLINE/Arcadia Saga/ArkSign/MysticStone

<スペルボーン>
思いっきり洋ゲーです。よくあるクリックゲーと違ってかなり特殊な操作が要求されました。コンバット・ドラムなるものがグルグルまわってそれにアサインされたスキルをチェインさせる・・・いあ、書いててもこれぢゃ全然伝わらないですよねw  まぁオランダ産のかなり変わったものです。

<AIKA ONLINE>
自キャラをつくるときに国家を選択する形で国家VS国家の攻城戦を・・・で、1000人VS1000人の戦闘ができるという・・・とまぁPCスペック的にホントに出来るのか不明ですがニコ動にそれっぽい動画もあるみたいです。でも最大の特徴はPRANという妖精のようなものがパートナーして契約できることだと思います。

しかしながらこれ Windows XP Professional x64 Edition では起動しないので個人的に『ダメゲー』ですw。サブ環境のWindows XP Home側ではもちろん起動しましたガガガ(まぁレアなOSで何を言ってるのというツッコミは無しでお願いなのですw)

<Arcadia Saga>
なんと純国産のMMORPGです。ですが・・・グラフィック的には洋ゲーみたいな・・・正直な所ちょっと古めのグラフィッククオリティという感じなのです。韓国のG★2009でのAION、TERA、Blade&Soul のムービー見ちゃった今となってはかなり寂寥な感じが・・・攻撃時に攻撃が当たるレンジが扇状の表示されてその中にターゲットが入っていないと当たらないシステムでした。

<ArkSign>
ちょっとスキル発動なとが変わった形のMMORPGです。なんでもカードを使って行う感じデス。カードというのはトレーディングカードのようなものなのですがそれをショートカットのスロットに配置してスキルを発動できるようになるという。それだけでなくカードのよるヘルプキャラの召還が可能で戦闘の補助をおこなってくれます。もうみんな全員召還師状態w。

しかしながらこれ画面の解像度が2種類しかなく、ワイドモニターに対応していないというお粗末さなので『ダメゲー』扱いでFAでs

<MysticStone>
これは一見すると洋ゲーなのですがぢつは台湾製MMORPGでアジア製らしく便利機能を実装しているなかなか侮れないものでした。リリース自体は欧米先行で行っているとのこと。


クエのNPCの所や、クエ対象のMOBのところに自走してくれるので非常に楽です。また他にも様々な便利な機能があり、最近4Gamer殿で内容とサポートが良くて人気がじわじわと出てきてるという話も頷ける感じデス(というかこの記事を見てゆやってみたという・・・w)



EverQeust2、PRIUS ONLINE、AION 等と同様に画面上にクエのサマリーが表示されてまして、なおかつMOBのマウスでポイントするとクエ対象であることと、そのクエアイテムが何個集まっているのかが表示されます。これはちょっと初めて見ましたっ!


AION にログインしていない合間での活動の1つに Windows7 での環境移行テストもやってたりします。90日間評価版での運用ですが現在の Windows XP Professional x64 Edition から Windows7 Professional 64bit 版への環境移行構築もぼちぼちやっております。とくに普段使っている便利なフリーウェアが動くかどうか検証しないとです。

まだまだ Windows XP の寿命は続きます。2014年04月まではセキュリティアップデートが継続されますので@4年は実質そのままで使えます。そういう意味では4年後となると Windows8 が出てもおかしくないですよねw。Vistaが出て3年を待たずにWindows7 のリリースでした。 Windows7はVistaの改良版なので劇的な変化があるものではありません。言わばマイナーアップデート。でも Windows8 となると多分に新アーキテクチャを搭載してくるような気もします。

ぢっさいの所、Microsoft社のロードマップでは2012年に Window8 を出す予定デス。

今回行っている検証は半分以上は好奇心なのですが、転ばぬ先の杖という感じで今後出てくる様々なソフトが問題なく動くかつ64bitな環境は早めに準備しておいた方がイイのかなという思いです。実際のところ Linage2 や AIKA ONLINE のようにまるでダメなものとかありますしね・・・


さて、何故最近CB、OBを精力的にやっていたかというと円高の影響です。

あてくしの勤務している会社は売り上げのメインは海外(=輸出)なのですね。だからドル建てで製品を売る割合が多く、この100年に一度の不況とか急激な円高がほんとに打撃です。 つまり内需も落ち込んでいる所へさらに円高の追い打ち・・・厳しい状態が続いてます。しかも急に5円も下がったり_| ̄|O

今年の3月位から残業が規制されて毎日定時に帰ってます。時間内に終わらなかったお仕事はもう後ろにずれ込むしかない。そんな厳しい状況が続いてます。

毎日定時に帰ってくるので逆にMMORPGを行う時間はデキタのですが、割と忙しい部門でしたので残業してたときより月収が10?15万ぐらい違う感じですorz。なので暇が出来てもお金に余裕・・・といっても遊興費に充てる部分に関してのみ緊縮財政という感じデス。衣食住の部分はそれほど変わらない感じデス。

もうちょっと世の中の景気がよくなるか、あるいは転職するなどしないと余裕持っておけないなぁという懸念が沸いちゃってますので、MMORPGに対する出費も圧縮対象に考えているのですね・・・寂しいことですが(TT)。 リネ2が現役だった頃は逆にMMORPG時間が余り取れないぐらいに忙しくて、そのぶん稼いでおりましたので課金も余裕でしたけど、今は遊興費に関しては予算立てしてその範囲の中で使っていく感じにシフトしなければホントにいけないなぁと。

上述のCB、OBを試していたタイトルは月額無料+アテイム課金の物ばかりです。要するにINする分には無料で遊べるってやつですねー。このタイプの物はLVが上がるにつれて課金アイテムが必須になる傾向で、なおかつ重課金、つまり複数の課金アイテムを投入しておかないと高LVでの狩りではPTに参加もできないということがままあるようです。まぁビジネスモデルとしていつまでも無課金で遊べるタイトルというのもちょっとあり得ません。会社潰しちゃいますしw。

逆に考えてみれば、中々時間が取れない時、他にしたいことがある時やモティベーションがいまいちな時でも、損はしないということも言えます。MysticStoneの場合ですが、課金アイテムにEXP50%アップや採取スキルのLVがサクッと上がる教科書などがありますので、時間が余り取れない人が週末にのみプレイする場合、あるいは今月は気合い入れてプレイしようなどという時にのみ課金アイテムを買ってハァハァするというスタイルも悪くないのかもしれません。

定額課金の場合はINしていないと確実に損します。またIN時間が長くないとまったくLV上がりません。基本無料+アイテム課金はそれを補填する・・・と言うのも若干ニュアンスが違うのですが現状のあてくしにはマッチしてるのかもしれませぬ。

要は遊興費のなかでPCゲームに掛ける予算の使いどころです。
もしTorchlight などのダウンロード購入をしたならばその月はAION の課金無しとか、MysticStone を開始したとしてアイテム課金した月は他のことには出費しない。そしてAION に課金した時にはその逆。  この不景気な状況の中で、こういったバランス取りは今後よく考えていき、ベースとするスタイルを何にするか考えておきたいと思っております。

2 個のコメント

    • リュナ on 2009/12/09 水曜日 at 13:44:08

    ふむふむ。
    アトさんとこのお仕事は大変そうですね?。
    リアルとゲーム側とで、色々と考えるところはありますよねー。
    かくいう私は専業主婦ですので、自由にお金を使う事は出来ず(出来るのは出来るけども、旦那さんのことを考えたら使えない)、自分の中で、これくらないなら自由に使っても許されるかなぁと言うラインを決めて遊んでいます。
    実際、数千円です。そんなもんです。
    無料ゲーのアイテム課金で、過去にかなり使ってしまったことがあるので、熱くなりやすい私の性格から言えば今の方が安上がりなんですΣ(ノ∀`)ペチ
    定額課金とアイテム課金、難しいですけど、アトさんみたくしっかりした方なら、アイテム課金の方が納得して遊べるのかもしれませんね?。

    • atreide
    • atreide on 2009/12/14 月曜日 at 23:28:39
      Author

    リュナさんコメントありがとう?^^

    課金アイテムゲーはLV上がると重課金していないとPTに参加できないとか、
    成長するにつれある意味やっかいな問題と向き合う事になることが多いよう
    ですねぇ・・・MMORPGの批評などをみている限りでわw

    ログイン頻度を考えると今の経済状況では、月額無料のって精神的に楽かも。
    ほら、ログインしてなくてもドンドン時間だけが消費されている?って
    事がないですからっ!

    エルフィナさんのレスに対するコメントにも書かせて貰ったのですが、
    Lineage2からこっち6年以上も続けて来たMMORPGというものにたいして
    食傷気味なのかなぁ?という部分にプラスして最近は不景気で先行きの
    不安とかあったりして、なんというか気持ちにあまり余裕が無い感じかもです。

    なので月額無料MMORPGも実際にはプレイするかどうかは微妙?なのデス

    それにしてもリュナさんはアツイ女なのですね?w 親近感っw

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください