TMPEGEnc 4 Express の超進化

TERA LEADER として事前OBTでの InGame 活動が始まれば、いつものようにプレイ中のゲームを録画することは間違いありませぬ。

プレイ中のゲームを録画した巨大ファイルを小さくしておく。或いはそれをニコ動やYouTube等に投稿する。このような場合に必須となるのがエンコードツールです。そしてこの手のツールは無料/有料ともにいろいろなものがあります。


あてくしはエンコードツールでは最強と(自分で勝手に思っていますw)TMPEGEnc 4 Express を使っております。細かなエンコード設定や、カット編集機能、各種フィルタリングなどその他にも便利機能があってとてもいい製品なのです。ちょっとお高いのですがそれに見合うだけのことはできるかなぁって。

ただ、これはエンコード専門ツールなので、いわゆるDVD/BDをオーサリングして1本の作品を作る的な編集機能は無いのです。例えばキャプションを作って画面上に自由に配置したり、別の画像をかぶせたり、BGMを全然別の物に差し替えたりとかはできません。いわゆるマルチトラックな編集はできず、あくまでシングルトラック編集なのです。



そこでアテクシもマルチトラックなことやりたいなぁと、DVD/BDオーサリングツールのDemo版をいろいろ導入して試していました。しかしながらどのオーサリングツールも出力時に解像度が固定で自由に変更できなかったり、DVD/BDの容量に強制的に合わせる感じでエンコードされたりします。いろいろ設定を変えてあげればそれは回避できるのかもしれませんが、そうこうしているうちに試用期間が過ぎて使えなくなるという・・・

もともと TMPEGEnc 4 Express を出されているメーカーさんも TMPGEnc Authoring Works 4 というオーサリングツールを出されているのですが、これはやはりよくあるDVD/BDオーサリングツールであって各社から出ているものと何も変わらない物でした。試用したものの結局アンインストール・・・

そんな中で以下の2つはサイズは出力解像度が自由にできた物となります。
trakAxPC
Moive Pro

ただしこれらはやはりエンコードがメインでありませんので出力結果たる成果物の画質に関してはあまり満足のゆく結果が得られませんでした。

アテクシの望んでいる要件は、
(1)マルチトラックで字幕や他画像や他BGMなどを使え、
(2)エンコード用の Codec が各種選択できて、
(3)その Codec もさまざまな設定を施すことができ、
(4)出力サイズは解像度、ファイルサイズ共に自由に変更できる


つまりエンコーダーにマルチトラック編集機能を付けた物が欲しいとずっと思ってました。それゆえ各社のオーサリングツールを試用しつつも1つとして購入には至りませんでした。
 
 
ですが2011年に革命が起きました。
 
 
TMPEGEnc 4 Express の後継製品 『TMPGEnc Video Mastering Works 5』 が上記(1)~(4)を叶えてくれました。

TMPEGEnc 4 Express の従来インターフェースのモードも残しながら、【タイムライン編集】というマルチトラックモードに切り替える機能にてオーサリングツール的なことが可能になったのですっ!!

アテクシにとってこれは革命的。あちら立てばこちら立たずの状態が一変に打開。これ一本あれば全てOKなわけですよー。

メーカーさんの TMPGEnc Video Mastering Works 5 の製品コンセプトの所に以下の記述があります:

旧世代に置いては、エンコーダーの役割は、少ないハードディスクの容量を圧迫せずに、高画質で映像を圧縮する。あるいはDVDやBDなど特定のフォーマットに合わせるといった目的が多数を占めていました。
しかしながら現在に置いては、その要素は、目的の一部としてもちろん残存するものの、動画共有サイトの一般化や、モバイル機器を含む動画再生デバイスの普及など、その使用目的は非常に多様化してきております。
そこで我々は、エンコーダーという存在を見直し、現在に求められる新たな製品としてリリースすることを決断いたしました。


素晴らしすぎる。アテクシが TMPEGEnc 4 Express を購入した理由は端から自分のブログに動画を載せることと iPod Touch 等の携帯ガジェットで動画みることでした。その上でマルチトラック編集もできればなぁ、と思っていましたので、やっと製品がニーズに追いついてくれたという感じですっ!

実際のタイムライン編集画面はこんな感じです:

 Fraps等で録画した動画クリップを基軸に、テロップ、字幕、音楽差し替えを入れてみました。
 
 メインの動画クリップ、テロップ、MP3音楽ファイルで3つのトラック、字幕は独立した特殊トラックになってます。
 例えばFrapsでの録画は録画が長時間になった場合、4GB単位でファイルが区切られて生成されます。このような場合は動画クリップを連結して1本の動画としてエンコードしているのですが、動画に自分の署名を入れる場合に各クリップ毎に全部設定する必要がありました。
 でもこのタイムライン編集上の字幕であればクリップとは独立して字幕設定ができるので、連結したクリップたちの初めから最後までを表示時間と設定する1回だけの作業で済んでしまいます。




 字幕の設定も本体のバージョンアップに伴って機能が増えております。左図は新旧での機能の違いです。
 字幕にボーダーだけでなく背景色設定と、字幕のFade IN/OUT が付けれるようになりました。




 選択可能なCODECの一覧です。
 FLV4(VP6) だけは別売のプラグインなのですがこの画面はDemo版のものなので最初から組み込まれております。このFLV4(VP6) プラグインは本体(ダウンロード版)の半分の値段します。CODECを追加するだけにしては非常に高いので買うことはないかなぁ。いずれにしろ今までも標準搭載の DivX か MP4(AVC) 出力(H.264) しか使ってませんですし。試しにFLV4(VP6)でエンコード比べしてみたのですがファイルサイズを同じにした場合はMP4の方が断然綺麗でした。
 むしろ話題性としてはMKVが標準搭載されたことかなぅ。



MKV に関しては全然使ったことがありません。簡単に言うと DivX や MP4 にエンコードした物は、画像トラック1に音声トラック1 で出来ているのですが、MKVはDVD/BD の再生しているときみたくチャプター情報や字幕など、もっとトラック情報を持てるようにする物のようですね。それらの情報が読み取れる対応プレイヤーでチャプター移動とかできるみたいです。

TMPEGEnc で DivX や MP4 でエンコードするときは字幕も画像として埋め込まれるのですが、MKV を使えば恐らく別トラックで保持されて、字幕のON/OFFやマルチリンガルで字幕を保持していて言語を切り替えることができるなどができそうな感じです。まぁそのようなトラックを使っての作業はまずはおいといて、既存のデータをMKVでエンコードしてみたのですが、思ったより画質は上がりませんでしたわー。まだまだ使いこなしには研究の余地がありそうです。

参考サイト:MKVで行こう 殿
お勧めらしいMKV対応プレイヤーは:KMPlayer (日本語化パッチの情報の載っておりますが最新版は本体に日本語搭載されてますので不要です)

※KMPlayer のインストール時に最初に表示される言語選択画面で、デフォルトで日本語になっていますが、次に進むと文字化けしちゃいます。なので最初はEnglishを選択してインストールを完了し、KMPlayerの初回起動時に表示される言語選択画面で日本語を選択すればバッチリですYO


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください