«

»

5月 11

遅れて来たBlade&Soul

 Blade&Soul のとっても短いCBTが終わりました。

2014-0511-racescaledifference なにぶん連休明けの平日05/07〜05/09の18〜24時が三日間というテスト期間だったので正直テストプレイは全然できませんでしたぬ。何故05/04〜05/06の連休中に行われなかったのか・・・

 まぁかつてNC JananのMMORPGをプレイしていたことのある身上としては、かの会社に多くは期待しない体質ができておりますので 「まぁそんなところだろう」 という気持ちでっすね。

 そういう短時間でしたのでCBTはほんと動作確認という意味合いが強くなってしまいました。ゲーム内の仕様に関してもそれほど確認はできず、です。様々な機能があるとは思うのですが(・A・|||)


 トラブル的なところから列挙すると、

1.蔵入れのときにアンチウィルスソフトの ESET Smart Security が Blade&Soul の Client.exe にウィルスの疑いがあると検疫掛けてきました。

●CBTの前、05/03にNC Jananにこの件でサポートページから問合せを行いましたが全く無反応。相変わらずにNC Jananクオリティーは健在ですw Pmangならその日のうちに答えが返ってきたりするんですけどねぇ・・・

2.最初から Logicool の G300 が反応しません。
3.nVidia の ShadowPlay が有効になっておらず録画ができない。
2014-0511-virtualfullscreen
●フレからの指摘頂いたのですが 『仮想フルスクリーン』 になってるんじゃないか?という指摘をもらいました。言われてみれば ShadowPlay は完全フルスクリーンONLY仕様。これが無効ってことは確かにちゃんとしたフルスクリーンではない可能性が高いです。
FF14蔵だとウィンドウ、仮想フルスクリーン、(完全な)フルスクリーンの設定が選択分けできるのですが、B&S蔵はウィンドウ、フルスクリーンしかないので、仮想フルスクリーンっぽく立ち上がってしまう要因が未だ分かっておりませぬorz

●完全フルスクリーンでなくても G300 はアプリが最前面に来ていれば効きそうな物ですが、ぢつわタスクマネージャーで見ると NCLauncher.exe や Client.exe は見えない・・・というかタスクマネージャー起動直後は見えているんですがすぐに消えます。G300 で使っている Logicool Gaming Software(以下LGS) は EXE 名を指定して認識させるので、見えないとなると効かないのも道理って感じです。
ツイ友さんで G300 ではありませんが Windows8 x64 環境でロジクールのデバイスを使われている方から教えて頂いた所、LGSの設定は NCLauncher.exe のみ指定して効いてるとのことでした。
同じ事をしてても全く効かないです、あたくしの場合・・・はぅ(>_< )

1.の関連性を疑い、ESET を一時的にOFFにしても駄目でした

※現在、蔵の起動だけはできるのですが、仮想フルスクリーンっぽく立ち上がるのは全く変わりません。G300 も ShadowPlay もあたくしのプレイ環境に於いては必須なので、コレが効いてこないと Blade&Soul のプレイ続行はあり得ない感じですねー



 さてと、Blade&Soul のゲーム内容ですが、いわゆるノンターゲット方式のアクションMMORPGでっす。そうですねぇ、TERA的な感じかなぁ。ノンタゲ方式のMMORPGでは C9:Continent of the NinthDragon NestKRITIKA もそうなのですがこれら3つはフルID制なので周辺の地形を好きなように散策とかは無いので異なりますね。

2014-0511-toonarrowinventory NC Jananの Lineage2 や AION のようにタゲ固定方式から流れてきた人は最初戸惑うかもですね。あてくし的にはノンタゲ方式のほうがやっぱり爽快で楽しいですわー。

 で、TERAよりも C9:Continent of the Ninth や KRITIKA に近い部分もあって、タンクとヒーラーが存在しないってことも特色です。つまり全員アタッカー(Damage Dealer)ってことになります。若干タンク性能(スキル)を持っている職もあるようですが、基本的に C9 や KRITIKA の戦闘感覚と同じものでした。

 そういう意味では 『タンク待ちで出発できない』 とか 『ヒーラー来なくて出発できない』 というのは無さそうな感じです。もちろんエンドコンテンツ寄りになれば、鉄板PTM構成あるいはスキルビルドのような物は出てくるかも知れません。

2014-0511-sinocentrismgallantry 景色ですが、これはぢつに6年前の2008/07の発表当初から 中華武侠系な景色 だったのでそれはまんまです。韓国でサービスINしたあとは中国でサービスINでしたから、元より中国を重視していた上での世界観ではないかなぁと思われます。中国で成功すると人口比が違いますのでそこは大きいですしね。FF14も中国進出はロードマップに入っていますし。

 ん〜ただどちらかと言うとあてくしはあまり中華武侠の建物とかそれに付随する景色は好みではないですが、建物は取り敢えずおいといて、YouTubeでのプレイ動画とか見ると壮大な景色を縦横無尽に飛び回るのがあったのでそこは楽しそうでしたし、B&Sで期待値の高い部分と思っておりまっす。


2014-0511-pkcontentsinfo 個人的な懸念材料はPK要素ですね。
いわゆるRvR要素(B&Sの場合は門派vs門派)があり、PKマニアなら大好き要素ですが、それがメインコンテンツに来てしまうとぶっちゃけ日本では大成しない傾向があると思います。AIONしかりArcheAgeしかり。どちらかと言うと、かつて戦国時代が終わって天下太平の世が300年もありましたから、日本人は同族で争う世界より、みんなで力合わせて巨大な悪者を倒す勧善懲悪の方が好きになって久しいですよね。
 仕様として RvR とずっと無縁でプレイできるとかであればその限りではないですが、逆にそういうエリアに立ち入らないと事が進まないとかなると仕様次第で厳しくなるかもです。

 ただ B&S は敵対するときの服装を着たときだけ RvR になる仕様なので普段は安全みたいです。どうやら門派デイリークエを行うときはその服を着なければならないので襲われる可能性はありですね。
 でもPKって、始まっちゃってる人が俺TUEEするために利用される場だからアヴナイ人も多いかもね、これは Lineage2、AIONでの体験w。 そんな人ってPKを仕様として楽しんでる人達の中の極一部のなんだけど、でも、被害を感じた人は全体的にPKシステム、PKerがなんか嫌になって離れる人もまま存在するかなぁ。まぁそれだけならアヴナイ人に注意するだけなんだけど、門派のバランスがどっちかに片寄ったときにシステムとして破綻しちゃうと、やがて人が減って鯖統合という過疎化へ坂道を転がるように転落して行って・・・ry。いわゆる AION の魔族と天族の人数差による破綻から人離れ、差の拡大、さらに人離れの悪循環から〜の〜鯖統合!みたいなね・・・

 まぁNCのMMORPGでPK要素が無いのって逆にないよね、そういえば。



 てな感じであんましプレイした時間が少ないうちにおわりました(゚Д゚)。残業も多めで帰る時間が遅かったせいもあり、最終日はログインしても G300 が何故効かないのか試行錯誤して終わったです。
 05/20から正式サービスが始まればLV15までは無料とのことなのでそのときにじっくりまた検証ってことで〜

 以下にプレイの様子をはりつけ〜録画自体は最高品質設定でのプレイですがエンコード時に多少画質落ちておりますm(__)m

2 comments

  1. 匿名

    今更なコメントですが、ちょうど私も今日shadowに関して同じ経験をしたばかりなのでコメントさせて頂きます。
    私もどうやってもshadowplayを使うことができなかったので試行錯誤したのですが、設定で『デスクトップのキャプチャを許可する』のチェックを入れたところ録画することが出来ました。
    どうも仮装フルスクリーン状態であることと関係があるっぽいですね。
    これをどうにかしたいのですがどうにかならないものか・・・・
    ちなみにマウスのプロセスの件でも同じ思いをしておりましたw

  2. atreide
    atreide

    匿名さんコメントありがとでっす!

    ShadowPlay はバージョンアップしてデスクトップも録画できるようになりましたよね〜
    ある意味本末転倒ですがこれでB&Sも対応してるような形という・・・w

    それとやっぱりB&Sのプロセスみえませんよね!!
    マウスの設定は別の日記で強制的に解決はできたのですが、
    なーんか上記2点のことからイマイチ感が拭えませんー(゚Д゚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA