«

»

6月 22

FF14の画質を更に向上させる SweetFx の導入

 FF14はPC版かPS4であれば最高品質でプレイできます。むしろ高い品質でプレイするならPS4の方が有利な条件もありますね。専用ハードウェアなので描画に独自チューンとかできるって吉Pがゆーてましたし。 あてくしのようなPC版のユーザーは相応のハードウェアを用意しないと最高品質のプレイは厳しくなりますし・・・
 
 でもPC版は現在 DirectX9 対応ですが DirectX11 対応はすると吉Pがゆーてましたので描画はより綺麗になると思われます(だいぶ先になると思われますがが)。と同時に更に負荷が高くなるのは必定(゚ω゚)
 
2014-0622-sweetfxbeforeafter
 そんなPCユーザーが先取り的に画質を向上させるのが SweetFx というアドオン・ツールです。これは簡単に言うと、画面の描画時に割り込んで画質を向上させるツールで、FF14の規約違反になるようなチート・ツール類ではありません(*1)

 一応比較のSSを載せてみましたが、SweetFxの設定を全然いじり倒してないので、最高品質のものとそれほど変わりがでませんでしたorz

 インストールに関しては、ググって見つけた先駆者さんが用意してある物をつかうのが一番簡単でした。本来なら SweetFx をリリースしている本家から拾ってきたものをつかって行うのがクリーンで安全な使い方(*2)なのですが、どうにも動きませんでした。
 最新版は v1.5.1 なのですがこれはNGで、参考にさせていただいたサイトでは v1.5 の導入を記述されております。が、しかし本家から v1.5 を持ってきてもこれを導入してもFF14は起動しません。 ですが参考サイトさんで配布されている v1.5 であれば起動します。

 
 アテクシ的には全然納得できた使い方では無いんですよねー。これら2つの違いは何なのか、釈然としてないところです・・・とは言え簡単に動く感じでもないので、使える物があるのだからそれを利用するのが最速ってことですぬ。また、SweetFx 自体は DirectX11 にも対応しているのですが配布されたものは DirectX9 のパーツのみが同梱されているので、将来的にPC版FF14が DirectX11 対応になったときは改めて対応が必要となりそうです。


 
2014-0622-sweetfxsetting01 SweetFx は効果を適用するための設定用のテキストファイルがありまして、この設定ファイルは最初の方に適用可能な効果のON/OFFフラグセクション、それ以降はそれぞれの効果がONになった時の適用数値量のセクションになってます。
 この設定ファイルは実はPreset的に複数持つ事ができますが今回実践していないので割愛。また、設定ファイルをGUIで変更できる SweetFx Configrator というツールも存在しまっす。

 それぞれの効果に関する日本語訳はググるなどして見つけて頂ければと思います。
 
 この設定用テキストファイルに対する修正はリアルタイムに変更適用することができます。デフォルトは PAUSE キー押下です。修正したら PAUSE キーを押す感じで視認。

 IDとかでは表示にラグが発生することもあるらしいのでSS撮影用と割り切る必要があるかもです。それはPCのマシンパワー次第で変わってくると思うので最高品質を楽々クリアできてるPCであれば ON にしっぱなしでも平気なのかもしれませぬ。

 もともとFF14のPC版は最高品質にすれば相当綺麗な方なのですが負荷が高くなるので常時ONが厳しい環境では、この SweetFx のようにSS撮るときだけサクッと画質を変更できるのはいいのかもですねー




(*1)但し、不安定な方向には進むので、画面がおかしいとか、蔵が起動しないとかの場合に問合せすることはできないですYO
(*2)気にし始めたら切りがありませんが、今回頼らせていただいたサイトが云々ではなく、一般的にいわゆる二次配布物ってちょっと怖いじゃないですか。たとえば詳しい人がキーロガーやBOTを仕込んで配布するとかできちゃうわけですし。油断できないネットの世界ですから。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share