«

»

3月 07

艦これプレイ動画と TMPGEnc6 の H.265/HEVC 対応

 TMPGEnc5 を TMPGEnc6 にアップグレードしました。それにしてもアップグレードで8000円は高すぎです(新品12200円)・・・まぁアタクシ的にはこれに取って代わるソフトが無いので仕方ないです。
 
 TMPGEnc6 が持ってる機能に対する評価は100点満点中90点というところです。細かなところで不便な場合もありますので。で、これはあくまでも機能に対する評価で、ユーザーインターフェース(U/I)の点数は25点です。
 
2015-0214-TMPGEnc6-BadUI とにかく画面が見辛い!
 黒基調で構成されていて各パーツの境界線がほんと見えにくい。ぱっと見で判断できなくてじっくり境界線を見つめる形です。アテクシの場合字幕のレイアウトを6段用意して使い分けているのですが、FULLHDの画面で編集しているときにレイアウト名が一番左に出ていて、どのレイアウトに字幕を入れるかで、横罫線が超絶見辛いので、配置する段を間違えることが多くなりましたよ・・・ TMPGEnc5 の頃は横罫線がハッキリ見えていたのでこんな面倒はなかったんですけどねぇ
 
 それとU/Iが暗いので編集中の動画が明るく見えすぎる難点もありますね。輝度調整したくなったりしてね。

 どうも、ペガシス社の製品はどれもこれ系のU/Iみたいですね。リードデザイナーがいて自社の製品に統一性を持たせているんだと思うんですが、U/Iについてもっと考えて頂きたいです。テーマやスキンのようにユーザー側でお好みの設定ができるならいざ知らず、この見辛すぎるダークなU/Iを押しつけられている気分でっすわ。 これが使いやすいとか、カックイイとか、高級感があるって思ってるんでしょうか。
 
 それとヘルプがONLINE専用になったのも解せませんね。夜にヘルプ見に行ったときに重くて、説明用の画像の表示がなかなかされませんでした。 それとこのヘルプの操作性がお間抜けで、目次をスクロールしてクリックしたら、目次のフレームが必ず先頭に戻る絶不便さ! TMPGEnc5 のときはオフライン・ヘルプだったし、目次が勝手にTopに戻ることも無かったので、目的とした内容の前後の項目を参照するのも簡単だったのですが・・・

12-02-loadsubtitletemplate で、左図がTMPGEnc5 のころの画面の字幕のところです。コレの方がずっと見易かったなぅ〜 まぁU/Iやヘルプはしょーもなくても動画の編集『機能』はいいので我慢して使うしかありません。まぁ起動することが楽しくなくなりましたけどね
  
 いずれにしても、ちょっと独り善がりな作り込みだと思ったし、機能性優先で操作性は二の次的な形で、あたくしはコレじゃ無い感でいっぱいになりましたよヽ(`Д´)ノ 

 ソフトの開発って利用者の使い勝手を一番に考える物なんじゃないんですかねぇ。 改善された良いところも書こうとしてたのですがちょっと萎えてしまったですわー(・A・|||)



 
 さてさて、
 TMPGEnc6 は H.265/HEVC の出力に対応してまして、H.264 に比べると同じ綺麗さでファイルは小さくなる形です。逆にファイルサイズを決めてエンコードする場合は、H.265/HEVC のほうがより画質が高くなります。 ただしエンコードの時間はかなり遅くなります。
 TMPGEnc6 から H.264/AVC のエンコーダーに 『NVENC』 という、Kepler コア(GeForce 600シリーズ)以降のグラボを載せてると使える Hardware エンコーダーが使えます。これは以前の CUDA を使った エンコードよりかなり綺麗になってました。
 
 試しにエンコードしてみたのですが、同じビットレート設定で、NVENC で57秒で完了するものが、H.265 だと 3分51秒掛かりました。じつに4倍のお時間が・・・ うーんこの差は巨大ですよ。 H.264で30分掛かるものが、H.265では120分掛かるということです。 悩ましいですね。
  
 容量の制限をあまり気にしないのであれば、H.264 を選択かなぁ。 あてくしが利用してるロリポップのようにアップロード制限が2GBとかだと、長時間ものを作るときは2GB以内になるようサイズ指定しつつ、 H.265 で寝る前にエンコードかけて翌朝終了を確認とかですねー。
 
 例えばMMORPGの録画を nVidiaのShadowPlay で録った場合のサイズが 1.5GB の場合に、H.264 のデフォルトのエンコード後のサイズは850MBで、H.265 のデフォルトのエンコード後のサイズは450MBぐらいでした。長時間ものになるほど、同じクオリティでのそのサイズ差は広がる形と思われます。
 
 かようにH264とH265の関係はシンプルで、同じビットレート(=画質)でのエンコードならH265の方がサイズが小さくなり、同じファイルサイズでのエンコードならH265のほうが画質が上がる。その代わりエンコード時間はH265の方がメッチャ遅いというものでした。H.264/AVCではNVENCの様なハードウェアエンコードではなくソフトウェアで2PASS、つまり2回エンコードして画質を上げるモードもあるのですが、それでもH265のほうが遅いです。
 
 YouTubeとかだと1時間近くある動画でH264なんだけど1GB位のファイルサイズで収めているのもあって、あれってどうゆう設定でエンコードしてるのかなぁって思います。それでいて綺麗なんですよね・・・
 
 あたくしの実験では1時間ぐらいの動画の出力でH264だと4GBのファイルサイズじゃないと綺麗な感じが出なくて(ノД`)
 
 
2014-0215-AGDRecSetting.gif で、結果としてあまり参考にならない動画なのですが、艦これの月例Extraマップの巡回を録画しました。デスクトップの一部の領域を選択しての録画なので、フリーでそういうことのできるツールの 『AG-デスクトップレコーダー』 を使わせて頂いてます。 このツールはオリジナルのデコーダーを搭載してて、それを使って録画ができるのですが 【オリジナル=TMPGEnc6で読み込めない】 なので、エンコードの設定に 「Windows Media Video 9」 というまずどのエンコーダーでも間違いなく取り扱えるフォーマットにしております。 音の方はいつも通りの 「再生リダイレクト(注)」 を選択。

(注) nVidia の ShadowPlay で、デスクトップ録画を有効にしていると、録音されない問題があるので、AG-デスクトップレコーダーで録画だけでなく録音もする場合は、ShadowPlayのデスクトップ録画をOFFってください


 まぁ艦これの画面が2Dというのもあって、同サイズのファイル容量でまったくと言っていいほど H.264/AVC と H.265/HEVC の画質の違いがでませんでした・・・で、とりあえず作った動画が以下の物です。
 さらに厄介なことに、H.265/HEVC を見ることのできるWEBプレイヤーが DivX の最新版ぐらいしかないのです・・・

【H.264/NVENC】←H.264/AVCではありません(エンコ設定ミス・・・
(音量の右隣にあるボタンをクリックすると実サイズで見れます)



【H265の場合】
(音量の右隣にあるボタンをクリックすると実サイズで見れます)


ビデオが再生されないときは、DivX Web Player for Windows/Macをインストールしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA