マビノギ英雄伝:正式サービスでの短評

 マビノギ英雄伝、11/30から正式サービスが始まりました。CBTに当選したもののATOKが使えないのでチャットができず初日でテスト終了w。次のOBTではATOKが使えるようになりましたがCBTに引き続き一番プレイしてみたかったEvyというキャラ(=職)は未実装・・・Evyはなんと正サービス時に実装でした。テストしなくてもよかったのかなぁ・・・という感じですけどねーw。

 さて、 マビノギ英雄伝の特徴的なところをつらつらと書いてみます。順番がバラバラで取り留めもないような形です。

●キャラメイク時に髪型や髪色の選択肢がとても少ないのですが、これはゲーム内にある『ビューティーショップ』という有料のサービスにより多くの物が用意されています。が、これの利用者は存外少ないですね。というのも全て時限制で30日(150円)or90日間(300円)有効であり、永久ではないからです。ずっと維持するなら最低でも100円/月の維持費が必要ということです。逆に時々イメチェンすることが好きな人には願ってもない嬉しさかも。90日後には飽きている可能性もあるわけですから。

 髪型をいくら選定しても頭装備をかぶるとそんな物は無視されます。このため頭装備を非表示にするオプションもちゃんとあります。しかしながらもう一つ問題があります。ID内では強制的に頭装備が表示されます! 頭装備表示のON/OFFができるMMORPGはたくさん有りますが、それらは常にON/OFFが維持されていますので、マビノギ英雄伝のこの状態をアタクシとしてはバグと見なしています。


 マビノギ英雄伝は今の所サーバーが1つ、というよりはどれかサーバーを選択するという画面がありません。そして村(拠点)は1カ所のみ。その村が実に200CHに分散されています。そのせいもあってか村は軽いのですがその分人は少なめです(1カ所に集中することを回避されている)。TERA、AIONでしたら首都にたくさんの人が居て様々なファッションを見ることができるのですが人が少ない分その装備を見たくなるような要素が今の所よわいと感じております。

続きを読む →

マビノギ英雄伝のCBT初日

●うん・・・困りました。まずはATOK2011が全く使えません。つまり日本語入力が全くできないので、キャラ名に日本語名付けたり、チャットで日本語が使えません。これはグラナド・エスパダ級の駄目っぷりです(*1)

 だだ、運営の方でも認識されておりまして修正対応中とのことなので、何とかなるかも知れません。 抹殺していた MS-IME を復活させてこちらを主IMEにして初めて、日本語によるキャラ名および日本語チャットができましたけど・・・


●グラフィックのオプションについて
 設定には簡易設定と詳細設定があります。詳細設定の方はさすがにSOURCEエンジン、HALF-LIFE2やPortalとほぼ同じような設定画面で細かく調整ができます。



●サウンドのオプションについて
 サウンドのオプションでスピーカー数やVCの設定ができます。 最近のゲームのほとんどがそうなのですが Windows Vista 以降のサウンドAPIが変わったために、SoundBlaster の EAX をサポートしておらず、EAX がサウンド関係のオプションの中には登場しません。

 言い換えると Windows7 時代に入った今はもはやEAX目的でサウンドカードに SoundBlaster を選択する必要は無い、ということになります。昔はゲーマーなら SoundBlaster 一択だったのですが今は違いますねー



●キャラメイクで・・・
 驚きました。キャラ作成のバリエーションはそのグラフィックに対して意外と少ないのです。 しかも髪色に関してはそのほとんどが課金アイテムとか・・・まぁ基本無料の課金アイテムゲーですが、キャラメイクの段階から費用発生なのは初めてです!

 ゲーム内のインベントリも当然課金アイテムによる拡張でした。課金アイテムゲーでは定番です。たぶんアバター装備もあると思われます。課金アイテムになにを持ってくるかによってマビノギ英雄伝が良いのか悪いのかの分かれ道になりそうですね。 とある課金アイテムゲーはかなりの重課金をしていないとまともにPTに参加出来ないケースなどをフレから聞いたことがあります。 マビノギ英雄伝がやたら課金アイテムが必要な仕様ならゴミ化する可能性はあります。

※11/05(SAT)追記:髪型のバリエーションが少ないと思ったら本来は課金アイテムでたくさん表示されている物がCBT蔵では表示されていなかっただけでした。

●セキュリティについて
 アカウントのクラッキングが心配なMMORPGなのですが、マビノギ英雄伝の場合はログイン後の2次パスワードにてそれを保護する仕組みでした。 2次パスワードの長さはは6桁で、左図のように数値と記号の組み合わせとなります。入力は毎回ランダムに配列が変わる画面でのマウスクリックのみ可。



続きを読む →

マビノギ英雄伝のCBT当選

 マビノギ英雄伝のCBTに応募していたのですが、これまた当選しましたっ!
 
 英雄伝のほうは前作の続編とはまったく異なる物でFULL3DのノンタゲアクションMMORPGって感じの物です。グラフィックエンジンはSOURCEエンジンです。Valve社の HALF-LIFE2 でデビューしたエンジンですねー。

 SOURCEエンジン自体は結構前の物らしいですが改良アップデートは重ねられているそうです。マビノギ英雄伝のプレイ動画もかなりのものです。

 最初は3種類のキャラ=職が選択できるようですが、職によって性別が決まっているのが残念なところです。アタクシの好きな二刀剣士が男性キャラONLYでした(´Д`)。むしろ種族的な違いが無いようなので職を選んでキャラを好きなようにカスタマイズするというスタイルかぬ。

 キャラのカスタマイズはかなり細かく操作できるようです。と同時にキャラの外観はかなりバリエーションに富んでいるようなので、そこはTERAと違って楽しみが大きいかもしれません。

 魔術師「Evy」というキャラでCBTはプレイしてみようかなぁと考えております。魔術師なのですがワンドをつかった肉弾戦もこなせるようなのでそこが熱そうw

 ノンタゲアクションタイプなのですが C9:Continent of the Ninth ばりに楽しければこれはかなりアツイものになるかもですっ。11/03(THU)からはマビノギ英雄伝を平行プレイ〜!!