Blade&Soul の無料化プレイ所感

 去年CBTで垣間見た Blade&Soul ですが、今年の03/01から無料化に!
 
 いあー、OBTの後の月額金額の発表で確か当時の B&S のプロデューサーが発表後に(自分の思いが叶わず高額になってしまったことに対して?)辞表を出してやめる勢いだったのを思い出します。それぐらい月額3000円は 『えっ!?』 って値段でした。 いちおうLV15までは無料ってもカンストLVが50というなかで、序盤だけ遊べることにそれほどの意味は無いと思っていましたし。 確かに触れてみて気に入ったから課金して続けようと思う人もでたかもしれませんが、それでも月額3000円はFF14の二ヶ月分、それだけの価値があるかとなるとどうなのかなぁーって、私にとっては躊躇してしまう金額です。 なので、あくまでプレイヤー人口の点から言えば、B&S は FF14 に比べれば鳴かず飛ばず程度の盛り上がりなんだろうなぁと個人的には捉えてました。 あ、あくまで絶対的プレイヤー人数のお話しで、実際のプレイしてみての盛り上がりとは別ですよ!

 でもさすがにここに来てお尻に火が点いたのかなって。強気価格でダレも付いてこなかった・・・みたいな、ね。 それにしても半額どころか無料化には驚きました!!
 『あの NC Janan が無料化!? ウソでしょ!!??』 的なw
 
 いずれにしても基本無料となれば休止中だった人や、興味はあったけど高額過ぎで 「ほかにもMMORPGあるしね」 と思ってた人達のハードルが非常に低くなったのは大きいかもです。
 
 今年は ICARUS ONLINE黒い砂漠 が後発に控えているので、それに先んじての新規ユーザーや復帰者の確保的意味合いもあったかもです(妄想)。 わてくし的にも 『黒い砂漠』 はかなり気になる存在であります。もちろんもうちょっと B&S 遊んで居るうちにハマることもあるかも知れませんけど、未来のことは誰にも分からないってことで。

 で、03/01から無料化でちびちびと遊んでいてはや1か月経ち、04/01からは 『黒い砂漠』 のCBTも始まっちゃいました。 いあ、下書きとか少しずつ書いて、直して、B&Sプレイしてなんやかんやで1か月過ぎちゃったというね・・・
  
 えーと、この1か月B&Sをプレイしてみて、最初からLV25まで解放してれば違ったんじゃないかなぁと感じました。スキルも主要なのがひと揃いして、かなり面白く感じてきたのはこのぐらいのLVでした。 とはいえ前述のようにどんなLVであろうと途中までしか遊べない物に、時間と労力をつぎ込むのはどうなのかなというのはありますから、結果は同じなのかもしれませんね(__;)


 
 さてあたくし的結論から言いますと 『Blade&Soul どうして楽しいゾ!!』 という感じです。

 FF14をプレイしていたせいか、NPCがフルボイスなのはちょっと新鮮でした。旅の途中でちょっとしか絡まないようなキャラもきちんとVC付き。つい聞いてしまって、VC無しのMMORPGならチャッチャと進めるクエが存外時間かかったりしてまっす(*^^*ゞ
 で、メインクエのストーリーがなかなかに良くてついつい進めたくなっちゃうんですね。もちVCが付いてるので、いい人/悪い人も情感たっぷりでストーリー性を強く感じてしまいます。

 サブクエのNPCも、ニヤリとさせられるネタが随所にあって、メインクエはシリアスなんだけど、サブクエはそういった遊びがけっこうあってこれまた良い感じです。 SS載せようかなぁとも思ったのですがほんの少しだけネタバレになるだろうし、さりとて載せないとその面白さも伝わりにくいかも・・・と悩ましいw でも百聞は一見にしかずなので、ちょっと載せます。 ネタバレ絶対いやだーって方はサムネイルをクリックせず回避を・・・
2015-0405-Joke01.jpg 2015-0405-Joke02.jpg


 もちろんこれら諸々はまだ旅の途中だから楽しい、という部分も大きいです。 カンスト後はどうなるのか、それはプレイしてみないとわかりません。 FF14のようにメインキャラが別の職を学習して、主たる職がカンストしても別の職でまた楽しむということはできません。別のキャラを作って遊ぶしか無い。
 
 となると、所謂アイテム課金になったということで、本気プレイならキャラ毎に、キャラや倉庫のインベントリ拡張は課金しないと追いつかないかなと思います。 まぁそういうことろで利益出すのがアイテム課金ゲーですしね。 あとは重課金してないとゲームにならない、ID募集に入れないとかがどうかって所ですが、B&S は今の所そういう感じはございませんよ。
 という感じで、カンスト後は 「あんましする事なくなったなぅー。かといって別キャラ育成は同じストーリーなぞるだけだからその部分は盛り上がりは欠けそう・・・」 と感じる可能性はあるかと思われます。

続きを読む →

FF14というかアテクシ的MMORPGの近況などをば

 FF14新生ちゃんなのですが@1か月ぐらいで一旦休止となりました。 リアル事情で思うように時間が取れないのと、何かと物入りな私事が発生していることによる倹約の必要性も相俟って月額課金のMMORPGは一旦休止する次第ですorz
 
 MMORPGは続けたい所存ですが、かような事情で課金が切れたのちは基本無料のをまったりと遊ぶのが関の山というかたちですね〜・・・

Blade&Soul でフリウさんとひととき ところで
 FF14のすごく良いところは装備ゲーじゃないところだと思ってます。IDは初見殺し満載ですけど、何度も通って慣れていくうちにクリア出来るのと、装備も自然と整うところは凄くいいですよね。種族デイリークエを行って入れば修理費も捻出できるので赤字になることも防げますし。 いわゆるプレイヤー・スキル重視のゲームなのは遊び安いかもです。
 
 逆に基本無料の場合、月々の負担は掛からないのですがタイトルに依ってはむしろ課金しないと、求められてしまう便利な機能的要素(*1)が不足してPTに入れないとか有りますのでそこは月額課金のと変わらなくなっちゃいます。

TERAでのハイスペック装備
 あるいはPTプレイ時に便利機能的課金要素の必須性は無かったとしても、装備の強化の最低限LVとかが暗黙のルールとして存在したり(*2)、装備LVの下限設定縛りとかあったりします。 装備の強化は失敗もあるのでそれを防止するためにはガチャを回して強化成功率を高めるアイテムを入手したり、あるい直接目的の物を買ったりとかで、存外出費を余儀なくされたり・・・ってこともあります。

 得てして装備の強化(エンチャント)ができるののってプレイヤー・スキルがあまり要らない装備ゲーだったりするのですがそれはプレイしててあんまり面白くないです。あ!これはあくまで個人的に、という意味ですけども。

MySoulReaper
 ただ、営利目的での運営である以上、基本無料でも幾ばくかの課金要素は遊ぶ側も受け入れないとだめかなぁって思いますが、その部分が酷く求められる、いわゆる重課金型なのはそもそも倹約しようという主旨から逸脱してしまうのでナッシングとなりますw
 
 ゆるっと遊ぶなら艦コレのようなシステムのがよいのかなぁなんて思ったりしますが、あれは全員ONLINEのソロゲーでっすしね。交流があまりにも無いのでそこは痛し痒しと言った所でしょうかぬ(・ω・;)



(*1)倉庫やインベントリの拡張、ワープ利用などが別途課金要素でかつ拡充してないとゲームプレイに著しく支障をきたす系
(*2)FF14にも装備LVの下限を設定してPT募集はありますが廃スペックなものを求められてるのではなく当該IDに行けるようになる課程でそれぐらいの装備は整う感じのものでした

Blade&Soul で G300 を有効にする暫定措置

 先週のCBTの時に解決できなかった問題。それは Logicool の G300 マウスの設定がまったく効かないという事でした。 これは自分の環境に限定されますが、恐らく原因は Blade&Soul の本体である Client.exe が不可視プロセスになるという事のせいかと思われます。
 
 タスクマネージャーで起動しているアプリケーションのプロセスを確認しようとすると、Blade&Soul の Client.exe が一瞬見えるのですがすぐに非表示になってしまいます
 非表示なってしまうと、Client.exe が実行されていることが見えないわけで、いくら G300 のプロファイルに Blade&Soul 用のを作って Client.exe が対象だよ〜って指定しても反応できないわけで・・・
 
 なのでプロファイルにマッチした物がプロセス上に存在しないから、G300はデフォルト・プロファイルを適用して動き始めます。つまり、プロファイルが特に存在しない物に対する動きと同様になるってことです。
 
 試しに手持ちの Razer Naga2014 を接続してみましたが、こちらは設定が有効になり動いてくれました。 では Logicool のドライバーのせいかと言えばそこは微妙です。 駄目なのは Blade&Soul だけで、他のMMORPGやオフゲー、一般アプリまで問題無くプロファイル設定別に稼働してくれますゆえ、これ自体はそう問題があるものではなく、あくまで Blade&Soul 寄りの問題ぢゃないか?という気持ちです。
 
 分からないのは、同じ Logicool 製品のマウスやゲーミングパッドを使っていて、そのまま問題無く使えてる人達と、アテクシと同じように使えない人達がとが居ること。 当方の何かしらの環境と Blade&Soul とが競合してるのかもしれません。


 
 さて、やっと暫定措置に入ります(前置き長い・・・
 
 行ったことは B&S をプレイする前に B&S のプロファイルの設定から 【固定に設定】 を選択する
 
 これだけです。
 
2014-0518-bns-settingforlgs 行っていることは単純で、これにより、全ての設定より優先度が高くなります。SSにも載せたようにまさに LGS(Logicool Gaming Software) が対象とするゲームを認識でえない場合に執行する機能ってことです。当然普段の設定(=デフォルト・プロファイル)とは異なってしまいますが、フルスクリーンでプレイするのですからそこは気にしなくていいかと思います。 終わったら固定を解除しないとなりませぬが。

 取り敢えず一番簡単に Blade&Soul で G300 の各ボタン設定を生かしながらプレイする方法を見つけられたということで。根源的な解決はとりあえず棚上げでっす。だってプレイを続けるかどうか分からないですしねw

 
 
 しかしまぁここにきてまだ月額言わないとかね・・・ LV15までF2Pですけど、正直ちょっとプレイしただけでLV10ぐらいまで行く感じです。けっこう序盤という形で終わる感じみたい。LVキャップが45なので随分手前のLVまでしか無料でプレイできない仕様ですなぅ。なので盛り上がってくる前に無料体験終わって 『ぢゃあさようなら〜』 って方も多いのでわ・・・
 
 いろいろ夢想してもあれですが、いずれにしろ 『月額1500円』 ぐらいじゃないと厳しそう。2000円とかだともう信者しか付いて行かない気がしまっす

 
 (ブログ更新後の追記)
 ってブログかきこしてる間に金額発表とか!w
 ぢゃあちょっと下書きしてたけど敢えて割愛したものをやっぱり記するかぬ↓

 ここにきてまだ月額言わないとかね・・・どうせおたかいんでしょう? 韓国で月額23000ウォンみたいだけど、2012年の韓国サービスIN時の円換算は1580円。でも今のレートだと2280円。 NCJは長年韓国より日本の月額が高くなるように設定してきた会社だから、月額2000円も言いにくい。だからといって月額2500円ぢゃ蜘蛛の子を散らしたように人が居なくなる。
 
 えーとここからアレな話ね。
 Lineage2 や Aion で真しやかに言われてたことの記憶より↓
 これは凄くNCJにとっては頭が痛いはず。月額2000円に設定しても本国より安いわけで、長年、反日感情に配慮した(*1)、いわゆる反日感情配慮価格で常に韓国より高い料金を課してきたNCJにとっては素直に2000円と言えない事情がここまで月額発表を引っ張ってる理由かなぁ

(*1)日本より韓国が高いのはどういうこっちゃと向こうの人は怒るらしい、と真しやかに言われていた

 
 で、導出した結論が 月額3000円 なのでしょうかね・・・まぁいちユーザーの邪推でしかありませんが。

 言えてることは始まる前からオワコン臭が漂いますなぅ。FF14の2倍の金額とわ・・・ かつて AION の金額発表の時も斜め上を行く発表して、1週間後に価格改定して値下げするという迷走ぶりを発揮しましたけど、そのときの値段よりずっと高いです。
 
 いあーむしろアテクシは笑ってしまいましたw。NC Janan ってブレが無いなぁってね。相変わらずヒドイwww。05/03にサポートに出した問合せの回答も未だ無し。貴方たちはいったいどっちを向いてサービスを提供してるんでしょうかね?

遅れて来たBlade&Soul

 Blade&Soul のとっても短いCBTが終わりました。

2014-0511-racescaledifference なにぶん連休明けの平日05/07〜05/09の18〜24時が三日間というテスト期間だったので正直テストプレイは全然できませんでしたぬ。何故05/04〜05/06の連休中に行われなかったのか・・・

 まぁかつてNC JananのMMORPGをプレイしていたことのある身上としては、かの会社に多くは期待しない体質ができておりますので 「まぁそんなところだろう」 という気持ちでっすね。

 そういう短時間でしたのでCBTはほんと動作確認という意味合いが強くなってしまいました。ゲーム内の仕様に関してもそれほど確認はできず、です。様々な機能があるとは思うのですが(・A・|||)


 トラブル的なところから列挙すると、

1.蔵入れのときにアンチウィルスソフトの ESET Smart Security が Blade&Soul の Client.exe にウィルスの疑いがあると検疫掛けてきました。

●CBTの前、05/03にNC Jananにこの件でサポートページから問合せを行いましたが全く無反応。相変わらずにNC Jananクオリティーは健在ですw Pmangならその日のうちに答えが返ってきたりするんですけどねぇ・・・

2.最初から Logicool の G300 が反応しません。
3.nVidia の ShadowPlay が有効になっておらず録画ができない。
2014-0511-virtualfullscreen
●フレからの指摘頂いたのですが 『仮想フルスクリーン』 になってるんじゃないか?という指摘をもらいました。言われてみれば ShadowPlay は完全フルスクリーンONLY仕様。これが無効ってことは確かにちゃんとしたフルスクリーンではない可能性が高いです。
FF14蔵だとウィンドウ、仮想フルスクリーン、(完全な)フルスクリーンの設定が選択分けできるのですが、B&S蔵はウィンドウ、フルスクリーンしかないので、仮想フルスクリーンっぽく立ち上がってしまう要因が未だ分かっておりませぬorz

●完全フルスクリーンでなくても G300 はアプリが最前面に来ていれば効きそうな物ですが、ぢつわタスクマネージャーで見ると NCLauncher.exe や Client.exe は見えない・・・というかタスクマネージャー起動直後は見えているんですがすぐに消えます。G300 で使っている Logicool Gaming Software(以下LGS) は EXE 名を指定して認識させるので、見えないとなると効かないのも道理って感じです。
ツイ友さんで G300 ではありませんが Windows8 x64 環境でロジクールのデバイスを使われている方から教えて頂いた所、LGSの設定は NCLauncher.exe のみ指定して効いてるとのことでした。
同じ事をしてても全く効かないです、あたくしの場合・・・はぅ(>_< )

1.の関連性を疑い、ESET を一時的にOFFにしても駄目でした

※現在、蔵の起動だけはできるのですが、仮想フルスクリーンっぽく立ち上がるのは全く変わりません。G300 も ShadowPlay もあたくしのプレイ環境に於いては必須なので、コレが効いてこないと Blade&Soul のプレイ続行はあり得ない感じですねー



 さてと、Blade&Soul のゲーム内容ですが、いわゆるノンターゲット方式のアクションMMORPGでっす。そうですねぇ、TERA的な感じかなぁ。ノンタゲ方式のMMORPGでは C9:Continent of the NinthDragon NestKRITIKA もそうなのですがこれら3つはフルID制なので周辺の地形を好きなように散策とかは無いので異なりますね。

2014-0511-toonarrowinventory NC Jananの Lineage2 や AION のようにタゲ固定方式から流れてきた人は最初戸惑うかもですね。あてくし的にはノンタゲ方式のほうがやっぱり爽快で楽しいですわー。

 で、TERAよりも C9:Continent of the Ninth や KRITIKA に近い部分もあって、タンクとヒーラーが存在しないってことも特色です。つまり全員アタッカー(Damage Dealer)ってことになります。若干タンク性能(スキル)を持っている職もあるようですが、基本的に C9 や KRITIKA の戦闘感覚と同じものでした。

 そういう意味では 『タンク待ちで出発できない』 とか 『ヒーラー来なくて出発できない』 というのは無さそうな感じです。もちろんエンドコンテンツ寄りになれば、鉄板PTM構成あるいはスキルビルドのような物は出てくるかも知れません。

2014-0511-sinocentrismgallantry 景色ですが、これはぢつに6年前の2008/07の発表当初から 中華武侠系な景色 だったのでそれはまんまです。韓国でサービスINしたあとは中国でサービスINでしたから、元より中国を重視していた上での世界観ではないかなぁと思われます。中国で成功すると人口比が違いますのでそこは大きいですしね。FF14も中国進出はロードマップに入っていますし。

 ん〜ただどちらかと言うとあてくしはあまり中華武侠の建物とかそれに付随する景色は好みではないですが、建物は取り敢えずおいといて、YouTubeでのプレイ動画とか見ると壮大な景色を縦横無尽に飛び回るのがあったのでそこは楽しそうでしたし、B&Sで期待値の高い部分と思っておりまっす。


2014-0511-pkcontentsinfo 個人的な懸念材料はPK要素ですね。
いわゆるRvR要素(B&Sの場合は門派vs門派)があり、PKマニアなら大好き要素ですが、それがメインコンテンツに来てしまうとぶっちゃけ日本では大成しない傾向があると思います。AIONしかりArcheAgeしかり。どちらかと言うと、かつて戦国時代が終わって天下太平の世が300年もありましたから、日本人は同族で争う世界より、みんなで力合わせて巨大な悪者を倒す勧善懲悪の方が好きになって久しいですよね。
 仕様として RvR とずっと無縁でプレイできるとかであればその限りではないですが、逆にそういうエリアに立ち入らないと事が進まないとかなると仕様次第で厳しくなるかもです。

 ただ B&S は敵対するときの服装を着たときだけ RvR になる仕様なので普段は安全みたいです。どうやら門派デイリークエを行うときはその服を着なければならないので襲われる可能性はありですね。
 でもPKって、始まっちゃってる人が俺TUEEするために利用される場だからアヴナイ人も多いかもね、これは Lineage2、AIONでの体験w。 そんな人ってPKを仕様として楽しんでる人達の中の極一部のなんだけど、でも、被害を感じた人は全体的にPKシステム、PKerがなんか嫌になって離れる人もまま存在するかなぁ。まぁそれだけならアヴナイ人に注意するだけなんだけど、門派のバランスがどっちかに片寄ったときにシステムとして破綻しちゃうと、やがて人が減って鯖統合という過疎化へ坂道を転がるように転落して行って・・・ry。いわゆる AION の魔族と天族の人数差による破綻から人離れ、差の拡大、さらに人離れの悪循環から〜の〜鯖統合!みたいなね・・・

 まぁNCのMMORPGでPK要素が無いのって逆にないよね、そういえば。



 てな感じであんましプレイした時間が少ないうちにおわりました(゚Д゚)。残業も多めで帰る時間が遅かったせいもあり、最終日はログインしても G300 が何故効かないのか試行錯誤して終わったです。
 05/20から正式サービスが始まればLV15までは無料とのことなのでそのときにじっくりまた検証ってことで〜

 以下にプレイの様子をはりつけ〜録画自体は最高品質設定でのプレイですがエンコード時に多少画質落ちておりますm(__)m

ひさびさの Blade & Soul ネタ

 リンクさせていただいている ティセラの軌跡 さんの日記に寄ればどうやら2013/12/28にNC Softのキムテクジン代表が、2014年に日本、台湾、北米、欧州での Blade & Soul の展開を発表したとのことでっす。
 
 いあー意外で驚きました!(゜Д゜) 4Gamerもこの話は取りこぼしてるみたいですし
 
 まぁ内容的にキャラのグラフィックや景色は何度か見ていたのでいいなぁとは思いつつも、肝心のゲームシステムはどうやら中華武侠系PvP寄りなタイトルぽいので日本ではあまり流行らないかもなぁって思ってましてw。なので日本での展開はないだろうなぁって。 もしかすると認識が間違ってる可能性もありますが・・・(諦めの境地で細かいこと調べる気持ち無くなってもう完全に忘れてry)
  
 とは言えNC Japanの Lineage、Lineage2、AION とか今はもう元気無い感じみたいなので、ここで新しい物の導入してテコ入れするのはアリなのかなぁって思いましたん。
 
 そもそも Blade & Soul って2009年に発表して2011年10月に日本でのサービスは着々と進行中とほざいて、結局韓国でも正式始まったのが2012年の06月という感じで、その後は2013年の05月に中国への展開でしたからに。この時点でもう日本での展開は期待してなかったので情報のウォッチもやめてましたなぅ。
 
 はてさてどうなることやらホントに展開することも含めて訝しんでおきませうw
 
 でもあてくしとしては今、韓国産で注目してるのは物理エンジンHavokを搭載した Project Black Sheep かなぁ。女子キャラの二刀流戦士というだけでもうアツイ・・・w

Blade&Soul はまだかいな

ここ3年は、
 AIONTERA が個人的にはビッグ・タイトルという位置づけで、それに続くのが Blade&Soul という思いです。AION を休止して次の TERA の合間に Dragon NestC9:Continent of the Ninth とプレイ。その TERA も休止して次の Blade&Soul までの間に何をプレイするのかが目下の感心という感じです。

 世界観としての中華武侠ものはあんまり好みじゃ無いのでこれ系のMMORPGはいつも 『どんなものかなぁ〜?』 程度に遊んでOBT止まり。例えば完美世界誅仙などなど。 Blade&Soul も似たような要素は強いのですが画像を見る限りでは既存の中華武侠ものよりは日本人好みのグラフィックかなぁと。特にキャラはそんな感じで、YouTube の作成動画とかみてると期待が高まります。

 NC社の作品なので月額固定はデフォルト(その後にさらにアイテム販売も行うでしょう)。問題はプレイ金額でNC社は日本に対して殿様商売してくるので月額は3000円、3ヶ月纏めて課金すると7200円、という感じの課金テーブルになるんじゃないかなぁ・・・まぁ最初の3〜6ヶ月はプレイすると思われます・・・そのあとは内容次第という感じでw

B&Sでのスキルボタンキーは1 2 3 4 z x c v キーなどでした。要はアクション重視なのでWASD(移動キー)の近傍に配置されてる。で、敵との距離によってスキルが自動的に切り替わるそうです。なので距離感もかなり重要なようです〜




 前回のブログ 【継続と極み】 から連なることなのですが、いろいろとMMORPGに手を出しているとそのタイトルをずっとプレイしているお知り合いとの絆が全然深くなりません。そのタイトルを極められないだけじゃなくて、そういう部分もある意味マイナスになる部分と考えてはいるんです。

 しばらくお休みしていたタイトルにもどってプレイしてもギルメンとの絆は薄れまくり&LV差がついちゃって存外 『ポツーン・・・』 となることもあります。知らないギルメンばかりになってたりという部分も。その状態が濃くなると居心地が悪いというか居場所が見つからないというかで、そのギルドを抜けて心機一転別のギルドでプレイを再開するということも考えたりします。

 ただアタクシ的には新しいタイトルで新しい人達に出会って新しいコミュニティに参加するのも好きなことなので、そうしたとしても後ろ髪を引かれることはあまりありません。気持ちの切換が簡単にできる方なのかもw

 いずれにしても Blade&Soul が何時になるかはわかりませんが始まったら新天地という形で 【終の棲家】 になるかどうか確認したいと思っております。  あ、もちろん 『なんだこれ!?』 って期待はずれで終わる可能性も大いにありますよw