AION キャラ作成

本日(06/30)より、パッケージ購入者は事前にキャラを作ることができる日のスタートです。

まぁ予想通りですが AION 公式サイトどころか、事前登録のためのシリアル番号入力のためのPlayNCアカウントの登録処理ページまでタイムアウトする始末。なんどもトライしてやっとシリアル番号の登録までいけましたわー

もっとも混んでいるのはWEBの方であってゲームクライアント自体はさっくり立ち上がりましたけども。


あてくしはリネ2にちなんで4鯖であるところの ジケル鯖 にキャラを作りました。もちろん魔族で。

あてくしがキャラを作った時間は16時頃ですがまだ天族を作ることが可能でしたが、この日記を書いている時点では4つの鯖すべて天族の作成制限が掛かってます。本家と同じですね。案の定、魔族はマイノリティって感じになりそうです。

あてくしは前にも書きましたがマイノリティだからこそ『魔族ガンバロウ!』って魔族プレイヤーのコミュニティが生まれるんぢゃないかと期待してるんですw。例えばリネ2でも(今ではもうかなり希薄になりつつありますが)オーク族(いわゆる緑職)を選択してるプレイヤー同士の「よぉ兄弟!」的な連帯感っていいなぁと思うんです。

まぁ何処までそんな状況になるのか未知数です。なにせ天族の方が圧倒的に多い鯖になってしまったら RvR の局面ではいつも敗北感を味わうことになるわけで、そうなると鯖自体が盛り下がってしまいますしね。拮抗しうる相手がいてこそ面白くなるのが RvR だと思うのですが中国でも韓国でも天族が多くて作成規制が掛かってる状態のようです。

あてくしコレに関してはネーミングミスの問題だと思ってます。天と魔って=善と悪ぢゃないですか。そうなると悪(ダークサイド)って精神的には選びにくいですよね。陽気と陰気、光と闇、そんなものを連想させます。となると多くの人が明るいイメージの方を選ぶのも無理からぬことかなと。なのでこういう陰陽を連想させないネーミングが欲しかったですね。無茶苦茶言いますけど、ヴァルハラ族とアテネ族とかねw。ようするにどっちにするかもっと迷うような2者で合って欲しいわけです。


あてくしが魔族を選んだのは、せっかく仮想世界で遊ぶのにダークサイドを選ばないとちょっとありきたりで面白く無いというのもあります。また人口少ない方が狩り場が空いてそうじゃないですかw。ゲームシステムによっては人が多ければ自動ゾーン複製とかされたり、チャンネルが複数あってリアルタイムに切り替えできたりするので人口の多さで狩り場確保に苦労することがないものが増えてますけども。

天族が確保できなかった先行パッケージ購入組の怒りが公式サイトのBBSに溢れてますね、いま。あてくしはもとより魔族を選択するつもりだったので何とも思いませんが、もとより好きなサーバー、種族を作れることを保証するものではないとNCJapanは名言してますので文句を言うのは筋違いって気がします。ただそのことをもっと口うるさく再三再四公式サイトに載せて、ユーザーに納得してモラウ形をまるで取っていたなかったのは落ち度と言えるかも知れませんねー

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください