なんだか変な音の原因

CPUを Corei7 720 に取り替えてからどうもキュルルといった感じで変な音がする時があるのです。

最初はCPUクーラーのせいかなぁなんて思ってました。Corei7 720は結構熱を持つみたいなので最初から市販のクーラーを付けてみたのです。自作で頑張るアテクシですがこういう3rd Party製の冷却パーツを使うのは初めてかも。最近流行のヒートパイプがCPUの直接触れるタイプののです。

ちょっと前に購入した日経WinPCによればCorei7付属品のCPUクーラーは高負荷時に73℃にもなるそうですが、市販のクーラーならば53℃ぐらいに抑えられるというグラフが載ってまして。20℃の差はかなり大きいですよね?。ぢっさいの店頭ではお店の人をつかまえて「5000円以下で取り付け簡単でよく冷えるものください?」ってお願いして勧められたのが購入品した物でした。

やはり今までの構成と明らかに異なるといえばこのCPUクーラーが最初に疑わしい部分なのでチェックしたのです。

過日、PCケースの蓋を開けてみて音を聞いてみたのですが、CPUクーラーはシロでした・・・このチェックから数日経過してHDDにアクセスしたときにどうもこの音がするなぁと思い、様子を見ていたのですがどうも内蔵しているHDDの内の1台が怪しげで「あらら、このHDD壊れる予兆なのかな?」と思いました。

別の日にまた蓋を開けてみてこんどはHDDの異音をチェックしていたのですが、HDD達もシロ・・・そんときになんと電源ユニットから当該の異音ガガガっ!

ちょっとぉーーーー! 聞いてませんよこんな事態w

まぁでもHDDならデータロストが怖いですが、電源ユニットなら単純に交換すればよさげなのでまだ気が楽です。ただHDDは小さい容量の時代のもいまだ使っていますのでこれらのデータを整理して、HDDを4台載せている状態から2台に集約し、電源ユニットの負荷を下げることを決めました。これを行っても変わらないようならば寿命と見て交換するしかないのかもですね・・・この週末はデータの整理にかなり時間を使いそうですorz

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください