Windows7 と XP-Mode

 あてくしのメインPCのOSを Windows7 Professional 64Bit 版に切り替えました。

 切り替えたと言ってもすでに1ヶ月近く経ちます。以前のメインだった WindowsXP Professional x64 Edition はスリープ掛けた時に RADEON HD 5850 が全然止まらないということで使えなくなってしまい、しばし手持ちの WindowsXP Home だったのです。

 その間に評価版の Windows7 を入れてお試ししていたのですがそれが切れてしまったので良い機会かなとも思い、DSP版の Windows7 Pro x64 にしちゃいました。

 なぜ Professional 版にしたかというと XP-Mode を使いたいが為です。売価も Home Premium と3000円しか違わないのでならばプラス3000円でFULLバージョンの WindowsXP Professional が使える=XP-Mode を利用可能な Win7 Pro 版の方が俄然よいわけです。

 というのも明らかに XP でないと動かないソフトとかありまして、あてくしの愛用している出納帳ソフトの『LifePlus』というのが Win7 x64 だとインストールさえできません! しかしながら XP-Mode が使えるのでそちらの方でさくっと運用できてます。

 x64版にしたのはメモリが2GBx3枚=6GB搭載なのでメモリーをフルに使いたいからですね〜

 ただ既に WindowsXP を所有している(アテクシ自身もそうなのですが)場合は、仮想化ソフトの雄、VMware社の VMplayer をつ使うと Home Premium 版でも動かせるのでその分費用が安くすむかもです。しかも純正 XP-Mode よりも高速に動かすことができるらしい・・・ VMplayer はなにもWindowsだけではなくLinuxとかも動かせる環境ですのでテストしたい向きにはお勧めデス。

 アテクシの場合はできるだけ簡単に済ませたかったので XP-Mode が使える Professional 版にしました。VMplayer を使った場合には1からWindowsXPのインストールとなるわけですが途中でさまざまなドライバーを入れたりする必要が出ると思われます。でも XP-Mode はServicePackを含めてあらかじめ全部入りなのでサクッと WindowsXP が起動できるのですね。


 ただし VMplayer 側もさすがは VMware社、いわゆる P2V(Physical To Virtual) ツールである VMware vCenter Converter というツールを準備しております。実践はしたことないので不明なのですが、多分一回実際の WindowsXP 環境をイメージ化して、それを VMplayer で動かしちゃう感じなのかなぁ−。であればこちらもサクッと WindowsXP が起動できますなぅ。

 まぁ件の出納帳ソフトが Windows7 x64 に対応したなら XP-Mode も出番がなくなりそうですガガガ

2 個のコメント

    • ネトル on 2010/04/13 火曜日 at 21:55:41

    あてくしは、Windows7 Homepremium 64bitですわ^−^

    愛用のAutoCADLT2006が動かない程度です><
    AutoCADLT2009を購入しましたが・・・使いづらくてwwww

    でも、これからは64bitだと思っております><b

    • atreide on 2010/04/15 木曜日 at 23:22:29
      Author

    ◆◆ ネトルタソ ◆◆
    をを、64bit 同士よっ!

    しかし AutoCADとわっ! プロ用ツールぢゃないですか〜

    団長の謎が深まったw

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください