マビノギ英雄伝のCBT初日

●うん・・・困りました。まずはATOK2011が全く使えません。つまり日本語入力が全くできないので、キャラ名に日本語名付けたり、チャットで日本語が使えません。これはグラナド・エスパダ級の駄目っぷりです(*1)

 だだ、運営の方でも認識されておりまして修正対応中とのことなので、何とかなるかも知れません。 抹殺していた MS-IME を復活させてこちらを主IMEにして初めて、日本語によるキャラ名および日本語チャットができましたけど・・・


●グラフィックのオプションについて
 設定には簡易設定と詳細設定があります。詳細設定の方はさすがにSOURCEエンジン、HALF-LIFE2やPortalとほぼ同じような設定画面で細かく調整ができます。



●サウンドのオプションについて
 サウンドのオプションでスピーカー数やVCの設定ができます。 最近のゲームのほとんどがそうなのですが Windows Vista 以降のサウンドAPIが変わったために、SoundBlaster の EAX をサポートしておらず、EAX がサウンド関係のオプションの中には登場しません。

 言い換えると Windows7 時代に入った今はもはやEAX目的でサウンドカードに SoundBlaster を選択する必要は無い、ということになります。昔はゲーマーなら SoundBlaster 一択だったのですが今は違いますねー



●キャラメイクで・・・
 驚きました。キャラ作成のバリエーションはそのグラフィックに対して意外と少ないのです。 しかも髪色に関してはそのほとんどが課金アイテムとか・・・まぁ基本無料の課金アイテムゲーですが、キャラメイクの段階から費用発生なのは初めてです!

 ゲーム内のインベントリも当然課金アイテムによる拡張でした。課金アイテムゲーでは定番です。たぶんアバター装備もあると思われます。課金アイテムになにを持ってくるかによってマビノギ英雄伝が良いのか悪いのかの分かれ道になりそうですね。 とある課金アイテムゲーはかなりの重課金をしていないとまともにPTに参加出来ないケースなどをフレから聞いたことがあります。 マビノギ英雄伝がやたら課金アイテムが必要な仕様ならゴミ化する可能性はあります。

※11/05(SAT)追記:髪型のバリエーションが少ないと思ったら本来は課金アイテムでたくさん表示されている物がCBT蔵では表示されていなかっただけでした。

●セキュリティについて
 アカウントのクラッキングが心配なMMORPGなのですが、マビノギ英雄伝の場合はログイン後の2次パスワードにてそれを保護する仕組みでした。 2次パスワードの長さはは6桁で、左図のように数値と記号の組み合わせとなります。入力は毎回ランダムに配列が変わる画面でのマウスクリックのみ可。





●ゲームの基本スタイル
(1)総ID制
 C9:Continent of the Ninth と同じように居留地(街)から一歩外に出ると ID というスタイルです。すなわち街の外に走り出てフィールドでMOBを狩る、あるいはフィールドで別のプレイヤーさんに遭遇する、というものは有りません。

 初期村の外に出ると船着き場があって、そこで何処に行くか=どのIDに入るか、の選択になります。そして出航=当該IDに到着という形。 メインクエ、サブクエを絡める形で PT を組んで ID に出発という感じです。

 この手のゲームに付きものの、同じIDでも難易度がことなり、出発時にそれを選ぶことができます。当然難易度が高いほど報償が上がります。 さらにクエ開始前に 『騎士の誓い』 というオプションを有効にするとクリアまでの時間制限が掛かり、時間内にクリアするとEXPボーナスが追加されます。

 LVUPに伴い行ける居留地が増え、そこに繋がっている ID に入れるようになり、そのなかで装備品や製作材料を得るという形です。


●U/I周り
 基本はマウスとキーボードでの操作ですが、全てキーボードで操作を行うというモードもあります。

 このゲームがいかにアクションに特化しているかということですねー。むしろ普段の操作はゲームパッドの方がいいかも知れません。スキルやアイテム使用用のショートカット・スロットも6つしかなくて、基本は攻撃技の組み合わせによるコンボとかでした。





★★★ 短評 ★★★
 ATOK の検証で時間を使ったこともあって初日はあまりプレイできませんでした。それとCBTの時間が時間制で短いのもテストしにくいですね。

 たださすがに SOURCE エンジン、画面上のオブジェクトを移動させたり破壊したりがかなり自由に行えます。以下は最初のIDでのソロ戦闘の様子です。PT募集も掛けたのですが誰も入ってこなくてソロ発信orz

(音量の右隣にあるボタンをクリックすると実サイズで見れます)




ビデオが再生されないときは、DivX Web Player for Windows/Macをインストールしてください。

 ごく最初のLVしかプレイできていませんので。初期LVでの感想になりますが、初手からのつかみに関して言えば、同様な総ID制でかつやはり同じようにヒーラー職が居ない C9:Continent of the Ninth に比べるとちょっと弱いです。選んだ職のせいもありますがなんだかもっさりとして攻撃なのですね。ちょっと爽快感とはほど遠いかなぁ・・・LVUPに伴って様々なスキルを駆使できるようになって初めて評価できそうな感じではあります。



(*1)グラナド・エスパダはATOKが主IMEだとクライアントの起動すらできませんけどね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください