iTune10 のフォントが見辛すぎる

 うひーっ! すっかりご無沙汰してるブログ更新です。
 リアル事情がいろいろとありましてMMORPGの方は休業状態なのですぅ

 いろいろ落ち着いてからじゃないとゲーム的な気分になりそうもないです(..;)
 まぁ3DSで脳トレ(しかないから)はちょこっとプレイしてます。10分でおわりますし・・・w
 


 閑話休題、iTune のフォントの話です。

 アタクシのスマフォは Android なので iTune は手持ちの iPod Touch 用なのですがいつも iTune の画面のフォントが見辛いなぁって思ってました。デザインを重視したがる Apple 社にしてはいかがなものかと。まぁ所詮は米国の物をローカライズしただけと推察されますので英語圏では綺麗に表示されるんだと思います。

 同様なことを考えてる方はやっぱり結構居るようです。ググると結構フォントの変更に関してヒットしてきます。アタクシの検索では主に2つのパターンがありました。

 1つは iTune10 が起動時に参照している CSS ファイルを変更するもの。もう1つは Tune-up iTunes というカスタマイズツールを使うものです。

 最初は簡単そうな Tune-up iTunes を使ってみたのですが好みの表示結果にはなりませんでした。なので CSS を変更する方法を試して見たところ満足できましたので備忘録を兼ねて日記をば。

<変更対象となる CSS の格納位置>
アタクシの場合は以下となります。iTune の入っているフォルダ配下になりますね〜
D:\AppInstArea\iTunes\iTunes.Resources\iTunes.css

この iTune.css ファイルをテキストエディタで開いて一番最後に以下の行を追加して保存します。

メイリオフォントに変更する場合
*{
font-family:'メイリオ',Meiryo !important;
}

メイリオ改造版に変更する場合
*{
font-family:'meiryoKe_PGothic'!important;
}

上述の CSS ファルはメモ帳でも開けますけど改行コードを正しく処理できないのでフリーのテキストエディタをお勧めします。iTune.css ファイルの改行コードはなぜかUNIX系で使われるLFのみなのでメモ帳ではそれを解釈できません。
あたくしはサクラエディタを使ってます。サクラエディタはインストール時にエクスプローラーでの右クリックメニューに【SAKURAで開く】を追加できるます。これが凄く便利なんですよねー。これがあるとテキストファイルであれば拡張子が何であれ、右クリからサクラエディタで開くことができるのです。

改行コードについてはこちらです
サクラエディタはこちらです

2012-0928-openbysakura
実際にサクラエディタで右クリックして修正してる様子はこんな感じです〜

2012-0928-itune10fontchange
で、実際の iTune10 の画面はこんな感じです。デフォルト状態よりははるかに見やすくなりました。使っているフォントはメイリオ改造版です。

 まぁ iTune 自体たまにしか使わないのですがそれでも気になるぐらいキタナイ表示だったのでやっとすっきりした気分ですね〜w


 メイリオフォントをさらに見やすくした改造版は以下のサイトでパッチャーをダウンロードして生成します。
 MeiryoKeフォントパッチ配布サイトはこちらです。

 Windows7の場合は meiryoKe_gen_6.02rev1.zip (747KB) の方をダウンロードして使います。適用用法などはダウンロードしたファイルに取説が付いてますのでそれ見て実施します。流れとしては Windows7 に付属の Meiryo フォントをパッチャー本体があるフォルダーにコピーしてパッチャーを実行すると MeiryoKe フォントが生成されるという形です。

 生成されたフォントファイル名が

  meiryoKe_602r1.ttc
  meiryoKeB_602r1.ttc

 となりますので、

  meiryoKe.ttc
  meiryoKeB.ttc

 とリネームし、フォントファイルをそれぞれ右クリックして【インストール】を選択すれば配備完了デス。 別にリネームは不要な気もするのですがなんか気になるので後ろのリビジョンは取っちゃいました!

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください