Nexus7用のBluetoothキーボードが届いたりして

  過日の日記でNexus7用のBluetooth キーボードをいろいろ検討していることを書きました。

 何のかんのでNexus7用のキーボードはとりあえずなのですが任天堂のポケモンタイピングDSにしてみました。そもそもこの製品は既に今後の生産はなく店頭在庫限りのような雰囲気です。ヨドバシカメラでは白色の方が販売終了になってました。つまりはやがて入手困難になることが予想される製品ということで購入に踏み切りました。

2013-0116-pokemondswithnexus7 Amazonで1800円で売られていた時期もあったようなのですがあたくしがウォッチしたときは2080円。でも購入するときは2580円に値上がりしてました。これってスマフォやタブレットを使っている人たちが買っているんですよね・・・きっと。しかし露骨に足下みるなぅ

 このポケモンキーボードちょっと癖はあります。Nexus7上で使っているアプリによって日本語入力の開始が微妙に異なります。ALT+EnterだったりShift+Enterだったり。しかもNexus7自体は英語配列キーボードとして認識しているので記号キーの位置がこのJIS配列のキーボードとはずれてますのでその点だけはやりにくいかなぁ。なので逆に英語配列のBluetoothキーボードがほしくなってきたという本末転倒ぶり

 しかしながらそれを解決するアプリも登場してました。アプリと言うよりは機能拡張(Add-Onです)。まぁ普段英語キーボードを使っている身の上としてはJIS配列というのは慣れないものですが、使用頻度を考えるとこれで十分な気もします。
 このAdd-Onを導入し、このキーボードとNexus7がペアリングしている状態で、【設定】 → 【言語と入力】 開き、物理キーボードのところに表示されている 【Nintendo Wireless Keyboard】 をタップすると、サブウィンドウが表示されるのでそこで【キーボードレイアウトの設定】 をタップするとキー配列の一覧が表示されるので、1番下の方までスクロールして【日本語106/109キーボード】を選択すればOKでした。

JIS配列対応で参考にさせて頂いたブログ:Nexus7でポケモンキーボードを快適に、キー配列通りに使う方法

 そしてこの日記の下書きは、Android用のWordpress投稿アプリを使ってNexus7上で大部分を書き込んで作りました。やはりキーボードで入力できるのは圧倒的なスピード感です。下地となるIMEにATOK for Android を使っているので変換もかなり賢いというのも大きいですね。先読みした変換候補なども画面下に表示されるので TAB キーを押して候補の中から選択できるのも省入力になりかなりありがたいです。

2013-0116-pokemondsstand 嬉しいのはDS用のスタンドがNexus7を立てかけるのにピッタリだいうことです。わてくしが使用しているNexus7用のカバーはスタンドになるタイプの物では無いので 「スタンド欲しいかも・・・」 って思っていたんです。でもスタンドになるカバーやスタンド単品はそれだけで1400円とかするのでコストパフォーマンスのことを考えるとこのポケモンタイピングのほうがはるかに良い。

 PCを落としているときにちょっとブログの下書きしたいとか、リビングでTV見ながら作業したいときなどには役に立ちそうなのです〜

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください