FF14のPhase4テストがおわりぬ&アーリーアクセス開始〜

 FF14のB4(Phase4)が終わりました。思ったより短い日程で行われました。LVキャップもLV20迄と吉Pライブで発表されましたので確かに長くしてもあまり意味が無い。今回のテストでサーバーの負荷の状況とか正式サービスインに当たってのデータがかなり採られたんじゃないかなぁって思います。

 LS(*1)にも複数参加させて頂きました。LSはFF独自の文化というか仕様です。普通はギルド(*2)に入るとギルド・チャットで仲間内との会話になりますが、FF14の前身(と言うのは適切かどうかは置いといて)にあたるFF11にはギルドがなくてLSだけだそうです。

 LSのようないわゆるグループチャットってAIONとかにもありましたけど、あくまでギルドがベースにあって、別ギルドさんとの連携・連盟用に使うような位置付けでした。でもFFはちょっとそこの位置づけが逆な始まり方ですね。当然、その名残でギルドとは別に、雑談専門LSやギャザクラ情報交換用LSとかの募集をゲーム内で見かけました。これらはギルドを持たずにLSチャットのみで会話/情報交換する集団ということになります。

 FF14は仕様上、キャラLV25になるまでFC(*3)が結成できない仕様なので、LVが低いうちはLSにて、将来FCに所属するであろうメンバーと交流することになります。

(*1)Link Shell
(*2)いずれもMMORPGによってクラン、血盟、レギオン、FC などという呼ばれ方します
(*3)Free Company:これがFF14でのギルドに相当します


 さてさて、あたくしのスタイルとしては昔から変わらずです。

 幾つかのFCさんを体験させて頂いて、自分のベクトルとよりシンクロしてるかなぁって感じを抱いたところにお世話になるスタイルでっす。 FF14の場合、Twitterでの相互フォローなどで自分がフォローさせて頂いてる皆様はチョコボ鯖、マンドラゴラ鯖が多いので、チョコボとマンドラゴラにキャラを作りました。

 いまやキャラ作成制限がガッツリ掛かってしまっているので、アーリーアクセスが08/24(SAT)18時始まりとでしたが、実質的なアーリーアクセスは08/16(FRI)18時だったと言えるでしょう。08/24から初参加の方達はかなり制限を受ける形になってしまいました。これもまたFF14の期待値の高さが招いた現象ですね。同接数が14万蔵とか凄いです。月額課金額には幅がありますが月1200円だと仮定して1億6800万/月の売上(利益ではありません)が見込める規模。年間で20億1600万円ですね。・・・でも今までのプロモーションとか開発工数とか想像すると意外と回収に時間が掛かる金額だったりしてw   ・・・って何の話をしているのかっ!仕事柄コストとか気になっっちゃってw

 閑話休題、そういうわけでアタクシ自身はチョコボ鯖だけでなく、マンドラゴラ鯖も就職活動の範囲として捉えておりまっす。FF14の手応えからして長期間プレイすることができそうなのでじっくりと自分が就職する会社(カンパニー)を決めたいと考えているんですね〜。そういう意味ではFF14のプレイに関する悩みはそこが中心とも言えますなぅー

 ふお・・・なんかSSも無い日記になってもうた。

1 個のコメント

    • ハムハム on 2013/08/29 木曜日 at 20:08:22

    ご無沙汰しております。ハムハムですb
    β3ではお世話になりました。
    アトさんもFF14ライフを満喫してるみたいでなによりです^^b
    人気鯖である、チョコボ鯖とマンドラ鯖にキャラ作成できたことおめでとー!!
    自分はチョコボ鯖で活動しています。
    チョコボ鯖にインすることがありましたら、ご一緒できたら嬉しいです。
    ではでは ノシ

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください