ミニマリズムの書籍

最近フォローさせていただいた、最近フォローさせていただいた、ななつ うみさんが呟いていた、『ぼくたちに、もうモノは必要ない(著:典士佐々木)』 が気になったのでKindle版のを購入しました。やはり片付け系の本は電子版に限りますね。物理本だと片付け系の本自体がどっかに埋もれます(本末転倒)・・・

こういう啓蒙的な書籍って電子書籍のほうが絶対に良いと思ってます。いつでも繰り返し見れますからに!

ところで本屋にいくと片付け系の書籍はホント色々ありますよね。

片づけテクニック的な物も読んだことあるのですが、あんまし自分には合わないかなぁと思いました。多分、人それぞれにライフスタイルが異なるので当然所有物も違いますし、住宅事情も異なるからかな、と。 なので自分の生活実態にちょっと合わないと、たちまち実践がおもったより行い難い・・

アテクシはこの片づけ心得系の方が読み易いと感じました。例えば 「書籍はこのように処分しましょう」 とか載ってません。片づけた後にどういう心待ちになったのか、どう自分が変わったのかについて述べられています。この本のように 「要らない物を捨てたらこういう気持ちになりました。」 なら、捨て方・捨てる順番・捨てる量に気持ちが囚われなくて済むので 『急いで捨てなきゃ!』 とゆうような、焦りというか焦燥感・強迫観念は無くて済みます。もっと気楽にいける感じでおります。ゆっくり片付けてゆこうかー、という気持ち

現状、自分の部屋がちょい手狭になってきてる、やはり物が自分の管理できる範囲をこえて存在してるので、それは美しくないかなぁって。いや美しさもさることながら、そもそも使い勝手が悪くなってきますもんね。

で、たまに荷物をごそごそしてると 『こんな物在ったんだ・・・』 と、よくある何か探し物してる時に遭遇するヤツがねw

個人的に、本気のミニマリストほどまでは削減する気は無いのですが自室がスッキリして、物が管理できる量に落ち着けば気持ち良いだろうなぁというのは想像できます〜

2 個のコメント

    • ななつ うみ on 2019/01/02 水曜日 at 23:06:11

    ご紹介ありがとうございます(*´ω`*)あとコメントが遅くてごめんなさい!片付けってすごくエネルギーが要る作業なので、ゆっくりやってこうの精神は大事ですよねー。私の理想は「物に邪魔されずサッとテーブルや棚を拭き掃除できる」状態なんですがなかなか難しい。ゆっくりやってこう・・・。

    • atreide
    • atreide on 2019/01/06 日曜日 at 23:58:34
      Author

    うみさん、コメントありが?♪(・ω・)ノ

    いろいろ些末なことで時間とられて思ったように片づけの時間ってとれないですよね。 やはり5分、10分ぐらいの時間で少しずつできるところから片づけるのがいいのかも。ゆる〜く頑張ろー

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください