WordPressのアップデート

ちょっと古いまま(=2.0.5)でいたWordpressをそろそろマジメにUpdateです。

2.0.X 代のUpdateはどちらかというとセキュリティ・アップデートですのでホントはまめに行う必要があるんですよね。

管理画面にログインしたときに最新のWordpressがリリースされてからの経過時間が載っていて、プレッシャーかかりますw

最新は 2.1.2 とうことで「どうせUpdate作業するならこれにしよう。今後もこっちのほうが上がるだろうし」と思いアップデートにチャレンジしていました。あてくしのブログ環境も下記の条件を満たしていましたし。

WordPress ME 2.1.2 のインストール条件:
* PHP4 (version 4.2 もしくはそれ以上) / MySQL (version 4.0 もしくはそれ以上)

とはいうものの v2.0.5 → v2.1.2 の場合、FULLインストールしてUpgradeスクリプト実行するだけなんです。ダウンロードした 2.1.2 の説明書に、

v2.0 系からのアップグレード
1. 不測の事態に備えて必ず現在のファイル群をローカルに保存する。
2. 同様にデータベースのバックアップを実行し、データをローカルに保存する。
3. 動作中のプラグインをすべて停止させる。
4. 解凍したファイルをすべてアップロードして上書きする。
5. ブラウザで wp-admin/upgrade.php にアクセスしてアップグレードを実行する。
6. 動作を確認しながら一つずつプラグインを有効化する。
7. 以上です。ほとんどの場合、問題なく処理が完了することでしょう。
不要と思われるファイルの削除は新規ファイルとの差分を確認のうえ、十分に注意して行ってください。

と親切にも書いてありますゆえ、まず間違いなくUpdateできます。

と・こ・ろ・が、2.1.2 には本体が新しい故に、
1.いままで導入してたプラグインが非互換なものが出てしまったのと、
2.2.1.2 に実装されている投稿の自動保存がちょっとおかしくて、自動保存されると文字化けしてしまう。

ちなみに1つ前の投稿が自動保存されて文字化けしちゃってる状態です。

凄い重要な IImage-browser と WP-QuickTag がダメになって困りました。

しかしだからと言って2.0.X系に戻すのも将来のセキュリティ対応が心配です。このままこやつと格闘して動く状態にしないと・・・

この重要な2つのプラグインはすでに2.1.X系対応版が出ておりますので、それをダウンロードしてきて何とか使える状態にしました。

WP-QuickTagのv2.1.2対応版(有志による改造)>
インストール手順(兼自分用覚書):
Installation:
1. Download the and in WP-AddQuicktag.zip plugin and unpack.
2. Upload wp-addquicktag.php to (/wp-content/plugins/).
3. In the your WordPress blog’s site administration section go to Plugins and activate WP-AddQuicktag (en).
4. Plugin use: Options – ADD Quicktags
5. When you choose to write a new post you will find a button for your newly created Quicktag in the Code tab of your editor.

IImage-browser日本語版本家
インストール手順(兼自分用覚書):
1. zipファイルをDLし、解凍。「defalt」と「for lightbox」の2種類のプラグインがありますので、どちらを使うか選びます。
2. どちらを選んでもwp-admin/iimage-browser.phpを設定する必要があります。
[code]行番号
35.$ib_settings[‘real_path’] = ‘./../wp-content/’;
36.
37.//URI of that directory relative to your blog URI
38.$ib_settings[‘real_url’] = ‘/wp-content’;[/code]

画像を格納するフォルダを指定します。最低限これだけの設定で動かせます。
3. それぞれのファイルをサーバにアップロードします。
4. プラグイン管理画面でIImage-browserを有効化します。
5. 投稿画面でコードに切換え、「IImage-browser」クイックタグボタンが生成されているか確認します。クリックするとポップアップウィンドウが立ち上がります。

オプション
wp-admin/iimage-browser.phpには用途に合わせて細かく設定できます。

[code]$thumb_prefix : サムネイルを生成したときにファイル名の前につく接頭語。初期値は”_”。
$ib_settings[‘default_thumbnail_size’] : サムネイル生成サイズ。初期値は”250”px。
$ib_settings[‘max_filesize’] : 最大転送可能サイズ。初期値は”8192”KB。

$ib_css_class : class属性指定。ここに書き込んでおくと指定しなくてもclass属性がタグに加えられる。
$ib_roadtrip : lightboxを使用し、複数の画像をグループ化する場合に指定する属性値。ここに書き込んでおくと指定しなくてもrel属性がタグに加えられる。[/code]

これにて一件落着・・・自動保存の文字化けという難敵は残したままorz

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください