1ヶ月ぶりの魔界

アトレイデ、1ヶ月ぶりに魔界の地に立ちました。

魔界話の前に雑感を・・・

2009年の注目タイトルはまさに AION が巨頭という感じで、他にはこれといった物がなかったのですが、2010年はちょっと違いそうですなぅ。

あてくしの注目タイトルとしては、以下の3点あたりをまず今後の動向を見ていきたいと思っています。
(1)TERA
(2)Blade&Soul
(3)DragonNest

DragonNest はグラフィックはハイレゾとはいえない感じなものの、うまい色使いやテクスチャーでよい味をだしていると思われます。グラフィックLV的には AION1.5級といったところでしょうか。

職とスキルの話が公式サイトのブログページに載っていて、攻撃的BUFFERであるクレリックが選択できるようです。二次転職で職性が分かれるようで、AIONのチャントとキュア、Lineage2のプロフィットとビショップという感じでしょうか(まだまだ詳細は不明ですが)

個人手にはぱっと見のグラフィックは好きな感じなので気にしておきたいタイトルです。

続きを読む →

TARTAROS

4Gamer殿で好意的に書かれていた新しいMMOPRGの「TARTAROS-タルタロス-」が 01/14(木) OBテストを迎えました。

っても初日は接続過多でサーバーがダウンしてしまい、18時から開始のところが27時になったそうですw

ちょっとだけプレイできたのでその日記を・・・


 サーバー&チャンネル選択画面です。サーバーは2つあってサーバー間のキャラ移動はNGです。サーバー内のチャンネル移動はOK。【満員】表示になっているチャンネルには入れません。

 初日にサーバーがパンクしたことから応募者が結構いたのではないかと思われマスが、サーバー2つでは全然足りてません。夜はどちらも満員で全く接続不可能です。
 
 転じて、何が行われるかというと本気でプレイしたいユーザーは一度接続したらもうログアウトしないという行為ではないでしょうか。ログインがパンクするほど人が殺到したのに運営の本気度があまり見えてこない感じを受けましたね?

 まぁさりとて AION のようにどんどんサーバー増やして結果的にいつも空いてます?時が経って過疎りちゅう、なんて状況も困りものですが・・・



続きを読む →

Blade&Soulの補足

前回の日記の載せようと思っていて結局忘れていた部分の補足です(焦

そもそも Blade&Soul というMMORPGの志向が不明なのは前回記述したとおりなのですが、ムービー中に Tomb Raider 張りのアクションシーンが出てきます。

 

ピョンピョンピョーンっと高い所まで上がったら、さらに炎の廊下があります。もちろん地面は通れないので(恐らく出たり入ったりする)足場をタイミング見ながら廊下の向こう側まで行くのだと思います。でも廊下の先にはスパイク付きの大きな玉が待ち受けてるようなので、間違いなく自分に目がけて転がってくることは必至。




Tomb Raider は純然たるアクションゲーなので、ミスってENDしても直近の Check Point からやり直しできるのですが、Blade&Soul ってMMORPGなのでデスペナとかどうなのでしょう?w   もしかすると単身で行うクエスト用のインスタンスゾーンで純粋にアクションゲーとして遊ぶ場なのかもしれませんね。何度もやり直しできるような感じで。
そしてこのハード目なアクションゾーンを切り抜けたら桃源郷のような場所にいけるのかもしれません。




これらのアクションシーンなどで多めに登場する左図のキャラクターですが、動きや表情の可動が多くて新しい感じなのかもです。AION v1.5 もかなりビジュアルリッチな方なのですが表情の変化は掴みにくい。止まっていると多少表情の変化は見て取れるのですが、AIONは言うなれば劇画タッチでそれがわかりにくい方かも。Blade&Soul は顔に関してはもっとデフォルメされていて表情の変化が分かりやすい感じデスね?。でもデフォルメされているのは顔だけで首から下は八頭身という感じですなぅ。



という感じで画像は編集済みだったのに載せ忘れた分を追記してみました?

やっぱひ Blade&Soul もすごいですなぅ

ある意味失伝してしまった Lineage3 の後継作とも言えなくもない Blade&Soul ですが、4Gamer殿に掲載されていたG★2009での高解像度ムービーを見るに(750MBもあります)

これがInGameでの様子なら凄いなぅ


の一言がまず出てきますネー。

ただ Blade&Soul はNC社としては初めて? Blood表現が入っておりますので日本人受けするかどうか微妙ですね。 さすがにGore表現まではありませんけども。たいていBlood&Gore表現はオプションで調整(ON/OFFや度合い)できることが多いので「血はやだなぁ」って場合も大丈夫かもです。

Blood表現: 血吹雪、血糊系のビジュアル
Gore表現: 頭や手足が切断されてふっ飛ぶ等の残虐系のビジュアル


※海外のFPSゲーではBlood&Goreがかなり激しいので日本語版に移植されるときにそれらの表現が緩和され、もはや別ゲーと言われたりもします。

閑話休題、
まーとにかくモティベーションの上がるムービーですねー。
AIONもサービス始まる前の2007年のムービーでかなりモティベーションあがったりしていたことを思い出しましたなぅ。やはりこういったプロモーションは大切ですね。End User に『プレイしてみたいっ!』って思わせるのですから。

続きを読む →

今後のMMORPGやグラボのお話

AIONを課金している最中ですが、同じNC社からは Blade&Soul が出ようとしております。

また、NC社からスピンアウトした人達が作ったTERAというタイトルも注目らしいですね?

それと国産品としてはhttp://www.4gamer.net/games/092/G009287/に注目といった所でしょうか。

CB/OB好きのあてくしとしてはもちろん応募の予定デス。 ですが最近MMORPG力(りょく)が衰えてきてるような気がしてますのでよほどハマるシステム的な所がないと継続は辛いかもですね?

続きを読む →

迷わせ感

4Gamer殿にAIONの超レア武器のムービーが載っておりました。
リネ2のザリチェやアカマナフのように拾ったらサーバー全体に通知が流れるみたいです。ムービーを見たところ説明としてはそれぞれ武器名が別の物なのですがムービーの内容は別の武器とまったく同じものがチラホラ・・・はて?w

AIONの武器や防具のシステム、全然わかりませんが上記の物はいわゆるユニーク武器のようです。つまりサーバー内では1つしか出ないってことかなぁ。あてくしが以前楽しんでいたDiablo2ではレア武器と、ユニーク武器は厳然と分かれておりました。ユニーク武器は滅多に出ないのですが付与されている効果は固定で、当然高性能なものが多かったです。が、ユニークではないレア武器のほうが付与されている効果がより良かったりして(効果の数値がランダムに付与されるので高い数値が付くと激レアになります)、むしろそちらの方が使った方がイイということがよくありました。

そういう迷わせ感ていうのかな、こっちもいいけどこっちも捨てがたいなぁという部分がリネ2にはほとんど無かったので、果たしてAIONではどうなるのかなぁ。NCだけに同じような感じなのかな・・・あてくしとしては迷わせ感の無い、これ一択みたいな物って面白さを狭めていると思うんですね。リネ2でブレードダンサーをやっていたときはSグレ武器に属性効果が実装される以前まではBグレの高OEサムツル=フォーカス効果の一択という感じでしたからなぅ。でもSグレ武器に属性効果が付くようになってからは高OEサムツルから一転して皆さんタラリー一辺倒。オプション、属性、セット効果が無かった頃が選択肢が自由でみんな思い思いの装備していたことを思い出しましたねー。

AIONのBBSやブログなどにPvPにおいてはLVと装備が重要、なんて書き込みも見かけましたがそんなのは予測しなくても当たり前でMMORPGの常です。ただその装備に選択にどれだけ迷わせ感があるかどうかが気になりますっ!

続きを読む →

アニバーサリー課金

2010年のサービスを目指してるFF16(Final Fantasy 16)の情報でアニバーサリー課金という言葉がありました。

具体的には、
アニバーサリー課金で02/01に90日課金すると、02/01?05/01まで遊べます。
これに対して月額課金で02/01に3ヶ月課金すると、02/01?04/30まで遊べます。

という感じでしょうか? 

しかしながらユーザーがいつ課金するかはランダムなので、月額3ヶ月課金と言っても課金したときから90日間のアニーバーサリー課金になっているのが実態のような気がします。リネ2も課金すると遊べる時間が残時間として表示されるようになりますしね。

商売にならないからしないでしょうけど、ホントは30日間=720時間で、ログイン中だけ残時間が引かれる課金体系があればいいんですけどねー。リネ2にあるタイムチケットはそういう便利なものではなく、1時間¥100で予め数時間分買っておかないとダメかつ有効期限もあったようなので、いまいち使い勝手が悪いです。

リネ2の場合3ヶ月(90日)課金ですと¥7200なので30日で¥2400。30日を時間換算すると720Hなので1時間当たりの単価は¥3.33です。

ぢつに1時間¥100という金額は30倍の時間単価を取っているわけですよっ! 高っっ!!

こうやって計算しちゃうと1時間10円でもいいぢゃん?って思いましたw。まぁそうしちゃうと月額から時間課金に移行する人がゴソッと出てしまい、インカムが目減りしちゃうからこその1時間¥100とう値付けなのでしょうけど・・・


仙魔道・・・はXGA・・・

久々にMMORPGのCloeseBetaTesterに応募してみました。

あてくしの場合、応募したMMORPGのCBってほとんど当選してます。なぜかw

仙魔道は最近よく日本語ローカライズされる武侠系のMMORPGですね。 正直あてくしの場合はリネ2のようなヨーロピアンテイストなMMORPGのほうが俄然好きなので、武侠系はあくまでCB、OBをちょこっと楽しむ程度で終わるのですが、それでも新しいMMORPGをプレイするのは新鮮です。

新鮮ですが・・・仙魔道はちょっと日本向けじゃないかなぁ、って思いました。

CBなのでこれから改修されるのかも知れませんが、グラフィック周りが残念なことになっています。



最大解像度が 1024*768 つまりXGAですね。これは・・・あんまりです。

続きを読む →

ATLANTICA

アトランティカ
ちょっと不思議な和洋折衷(漢洋折衷といったほうがいいかも)のMMORPGです。CB、OBテスト好きなあてくしとしては早速やってみましたとも!

やはり特徴的なのは、傭兵が最初から2人(クエこなすとすぐに3人)雇えるので、実質一人でPTプレイできてます。MOBとの戦闘になると、これまたスゴイ変わっているのですが時限制のターン制で戦闘です。どういうことかというと、まず自PTのターンに持ち時間があり、その時間は減っていくのですがその間に攻撃を加えるわけです。自分と傭兵たちが。で、自PTのターンがおわるとMOBのターンなので攻撃くらいます。それがおわれば自分のターン・・・の交互に繰り返しです。

いあぁこれは新鮮でしたねw

雇っている傭兵もLVがあがったり、能力値を向上させることが出来たり、もちろん装備も変更できます。GuildWarsでも傭兵は雇えましたが装備や能力、LVのUPは全くありませんでした。アトランティカは最大18人まで傭兵が雇えるようです。その18人の中から8人まで同時に使用可能ということでリネ2のように、9人でFULLPTですね。

でMMORPGなのですから他のプレイヤーとPTも組めるのですが、それは3人までだそうです。なので傭兵をFULLに入れた場合は27人PTですねー。どんな感じなんだろうw

あ、そういえば職なのですが、なんとキャラ作るときに選択する武器で決まります。武器は7種類あるのですが、それを選択したときに職がきまるので、あとからやっぱしこっちに進もうなんてことは不可能。あてくしは試しに「大砲」選んでみました。だって大砲もってる職ってちょっと聞いたことないですからw

アトランティカはチュートリアルが終わると4つの行き先を選択するのですが、そのなかに札幌がありました。道産子のあてくしとしてはそりゃもうとうぜん札幌を選択! で、札幌に移動してマップを広げてみるとなんだか世界中が見れるようになっていて、北米の都市も載ってました。まぁ将来のアップデートでワールドが広がれば実装されると言った所でしょうか。

誅仙のシステム(いちおう続編)

誅仙も「基本無料+課金アイテム有」なものなので御財布に優しい仕様となっております。ただこの方式のMMORPGでヒドイ物になると課金アイテム無しではゲームにならないのもあるようですね。誅仙の課金アイテムモールをInGameの中から見てみたのですが、今のところもらえるEXPを高めたり系のStatus値アップ系とファッションアイテム系でしたねー

完美世界も誅仙も同じ機能があるのですが、キャラの見た目上の装備を変更する機能があります。防具の性能としては本来の物を身につけつつゲーム上の外観をオシャレ装備でプレイすることが出来るんです。このオシャレ装備を課金アイテムの中から買うことができるんですネ。下図は前回記事にも引用したGMさんの通常装備とファッション装備の比較です。

このように全然外観が変わります。

外観にいろいろ変化を持たせれるというのは楽しそうですよね。リネ2の場合はLVが上がるほど装備の選択肢が無くて見た目がみんな同じ感じですからねぇ・・・

続きを読む →