AION:CB応募

AIONのCBテスター応募が始まりました。

さすがAIONですね?、なかなかPlayNCにログイン出来ませんでした。05/22(金)の夜はこの応募のためにログインサーバーが激重になってて中々CBテストの申し込みが出来ませんでしたw

CBで作ったキャラはOBの時にはワイプされるとキチンと書いてありました。わてくしはこれが正しい姿だと思っております。

今回はリネ2のCBよりも狭き門となりそうですが、どのみちOBは始まる&ワイプも待っておりますのでマッタリ待機ですなぅ。

そういばリネ2のOBの時は凄くいっぱい人がいたのですが課金が月額3000円で正式サービス始まるって決まり、OBの最終日にはやめる人いっぱいいました・・・ちょっと懐かしい思い出。AIONも月額次第でそうなる可能性もありますね。「これで4000円?課金はナイ」ってなるのか「これなら課金して続けてみようかな」、あるいは「もう3ヶ月ほどやってみて判断しよう」とか。

ん?わてくしはドウスルカ・・・やってみないと判りませぬw

AIONのCBは06/12

4Gamer殿の情報で、AIONのCBは06/12(FRI)に始まるそうです。

AIONの開発者に対するインタビュー記事があるのですがちゃんと読んでなかったので改めて拝読。

その中でキャラの外観に関する下りがあるのですが、日本のゲーム事情を(利潤を求める企業としては当然ですが)よく判ってらっしゃる。

曰く、ワールドワイド展開のためにはマイキャラが何かのテイストに偏った形ではなく自在にエディットできるようにした。特に日本ではグラフィックに関するクオリティの高さを強く求めるので手強いマーケットと考えている。特にマイキャラは美形でないとNG。という感じデス(超意訳w)

あてくしはこれ読んで、改めてWorldOfWarcrartを提供しているBlizzard社は日本のマーケットよく判ってるんだなぁと思いました。WoWは相当に素晴らしいMMORPGらしいのですが仮に日本展開されてもあてくし自身プレイするかとなると微妙デス。見た目やキャラ名にこだわりのない人もいますが、たいていの方は自分の分身なわけですからそりゃーこだわりますよねw。なのでBlizzard社は最初からその気がない感じデス。まぁ日本のディストリビューターが日本展開の話を持ちかけたとは思うのですがお金の話が合わなかったのかも知れません・・・邪推ですが、これだけRoyalty払ってくださいという所に対して、日本じゃそんなに見込めないよ、って感じで交渉決裂ry

確かに、日本人プレイヤーはいくらゲームシステムがよくても外観がネズミ、トカゲ、カエルなんてことですと最初からフィルターかかって「ちょっと試しに遊んで見るかな?」ってとこまでも行かないケースが大いにありますねー

閑話休題、
CBテストの受付は05/22からなので申し込んでみたいと思ってます。が、相当の狭き門と思います、AIONのは。そこはかとなく小耳に挟むのですがリネ2からAIONに移行する人たちはそれなりに居るみたいですし、そうでなくてもNCの新作MMORPGってことで単純に応募する人は多いでしょうし。果たしてどうなるやら?

AION:種族数調整

すでに日本でも AION に関する Wiki が複数立ち上がっております。あてくしも幾つかBookmarkさせていただいてますが、その中で韓国鯖の統計情報を載せているサイトがありました。

これによると韓国では天族が多いのですが、サーバーによっては天族を作ることが制限されていることが判りました。それどころか天族/魔族ともにキャラ作成制限が掛かっているサーバーもあります。なので新規さんは自動的に新サーバーの方に作らないとダメだという・・・それぐらい賑わっているようですねぇ

あてくしが懸念していた種族間でのバランスですがこのような形で調整が行われているようですねぇ。天族/魔族を同一サーバーでは持てないので、天族で遊ぶときはAサーバー、魔族で遊ぶときはBサーバーというような遊び分けスタイルがあり得るのかも知れません。とはいうものの種族によって職が異ならないので単純に外観で選ぶのがAIONぢゃないのかと思われマスので、韓国では天族の外観を好む人が多いということでしょう。

あてくしも空中都市には住みたいのでもしもAIONすることがあれば天族からスタートしてみますかね。いままでリネ2をはじめとして各種MMORPGで光と闇がある場合は必ず闇の種族=ダークサイドのを選んでたのですが初めてライトサイドの種族選ぶ感じかなぁ

続きを読む →

あてくしもチャレンヂャー

ほにょほにょして実行してみますた。

動画の画質はそれなりです。Zoomeに投稿する際の元動画によってはZoome側でUpload後に再エンコされる場合があるのでそれかも。

AIONログイン画面

種族&職選択

キャラ作成

リネ2のクラチャでAIONは月額4000円という話がでているのですが、元ネタがググっても掴めませんでした。でもこの金額では遊びませんw

確かに中国は韓国より高めの設定でサービスしてるそうなので韓国1600円相当なところを2100円ぐらいでやってるのかな。なにやらそれだけコンテンツに自身があるとの運営側のコメントだそうです。

ちなみに中国ので運営側はIP規制を行っておりませんので日本からの接続も可能デス。またアカウント登録もWEBさいとから行うのですがメルアドが必要ありません。たんにIDとパスワードを入力して登録するだけです。なので前回の記事にも書いたように中国鯖につなげてプレイするのはOKなんですね。

あてくし的にはゲーム内で陣営が分かれて争う物って日本じゃことごとくポシャってる(*1)のでAIONがどうなるか怪しいなぁと思ってます。正直、日本人の文化にあんまり合わない。まぁ国境が他国と隣接している大陸に住んでいる人向けディスネ。

最初は人多いかもだけどどんどん過疎化するんぢゃないかと予測。それでも月額が1500円位なら過疎の進行は緩慢とおもうけれど、4000円なら拍車が掛かりそう?

いずれにしろAIONの運命を決めるのは月額料金ですなぅ
 
 
(*1)Dark Age of Camelot や Shaiya などなど

AIONのWiki

公式サイトの立ち上がっているAIONですがそれ以前からAIONのファンサイトはあるわけでしてWikiも立ち上がっております。

このWikiのなかでやってみたい種族の投票があるのですが魔族の方がすごく多いですねぇ?

あてくしがこの手の勢力が分かれてしまうゲームで懸念してしまうのは実際にこのように人口分布が偏ってしまう=片方の勢力が強いことです。天族vs魔族というRvRの仕様にもよりますけど、例えばRvRで両陣営とも参戦できる人数の上限があり、最大150人vs150人という形であれば面白いのですが、人数制限がないようなRvRだといつも勝つのは人数の多い種族ってことになるので、少数派になってしまった人たちは面白く無くなるんですよねぇ・・・

ニコ動でのプレイ動画を見たのですが一部のEnthusiast(エンスージアスト)な方は中国鯖でのプレイでクライアントを英語化してプレイされてますね。アツイw

で、その形でプレイされているクランのサイトを見つけたのですがアテクシが知りたかった件でいくつか明確になったことがあります。

アイオンは天族と魔族の二つの種族が互いの存亡をかけて死闘を繰り広げる内容だ。プレーヤーはキャラクターを作る時に二つの種族の中から一方を選択しなければならず、キャラクターを作成した瞬間から反対側の種族のキャラクターは作ることができない(同じサーバー内では不可能)。


ということでこの制約はEverQuest2より厳しいデスなぅ。EQ2では種族ごとに光と闇のどちからにしか成れないキャラがあるのですが同一アカウント内でどちらのキャラも作れましたので。前述の勢力が偏ったときに少数側がRvRを楽しめなくなる仕様に対する懸念が強まりましたなぅ。

それとまぁどのMMORPGでも同じ事なのですが「敵の動向をスパイしたければ2アカで・・・」ってことでしょう(

またニコ動を見ていて、魔族は戦闘モードに入ると目が赤く光ることが判明。面白いですね。この変化が魔族の人気なのかしらw

頭装備の表示のON/OFF機能もある。これはEQ2にも有ったのですが頭装備表示のON/OFF機能が無いと、装備時に顔がすっぽり隠れてしまうMMORPGもあって「どなたでしょ?」状態になりますw。なのでバーチャル世界らしく装備しているものの透明ですよ、という感じができるのがありがたい。リネ2はデフォルトで透明のみですけどねー

さらに色々調べていると中国鯖でのプレイは5時間までなら無料なのでチャレンジャーの方はそれでちょっと試しているようですね。まぁほんとキャラ作りとさわりを楽しむだけでPTプレイとかは難しそうですが、前述の中国鯖でクラン活動している日本人クランに入れればPTプレイできそうです。が、そういう人たちも日本鯖が立ち上がったならば日本でプレイ始めるのではないでしょうか。

そして連続プレイしているとEXPが下がるようです。中国鯖で遊んでいる人の情報では5時間プレイすると取得EXPやお金がガクッと下がるようなこと書かれておりました。リネ2なら活力が無くなるどころかマイナスになるという感じでしょうか。まぁ廃プレイできない仕様デスね。WorldOfWarcraftも確かそういう仕様だったと思います。

AIONの実装スケジュール

標記の話が4Gamer殿のAION記事に載っておりました。

以下がそのスケジュールのようです。

・6月5日? Family&Friend Test:関係者やファンサイト管理人などを対象
・6月12日? クローズドβテスト
・6月末? 一般プレイヤーが参加できるイベントを予定
・7月? オープンβテスト


存外早く始まるようで驚きです!

最初、夏に始まるって感じで受け止めておりましたのでCBテストが8月ぐらいから始まるのかなぁって思ってましたから。この4Gamer殿の記事中にゲーム要素の解説という動画があるのですが、それを見た限りではやっぱひ天族が空中都市でしたねー

う?む空中都市に住みたいけど魔族のカックイイ感じは捨てがたい・・・欲を言えば魔族で空中都市に住まう、これが最高でしょうかw ただこの手の陣営が分かれる物って敵対陣営の都市には住めない仕様ってのが多いんですよねー。EverQuest2ならば裏切りクエストをこなすと敵対陣営に寝返ることできるんですガガガw

いずれにしろこの記事の各動画をみると否が応でも期待値が高まってしまいますなぅ。

リネ2の課金が6月いっぱいで切れますが、その頃合いにAIONが始まるようなのでワクワクしちゃいますネ^^(まぁ金額次第ですが・・・ゴフッ)

AION:日本語公式サイト

AIONの日本語公式サイトがオープンしまたねー

課金がいくらになるかなのですが韓国では AION の方が安い設定です。AIONの課金情報に関する(む)ぶろぐさんの記事では、
<Lineage2>
7日定額 [Yellow] : 7日間無制限ゲーム利用                9,900ウォン
30日定額 [Green] : 30日間中100時間ゲーム利用 + ビタミンパック 5個選択 29,700ウォン
30日定額 [Blue]  : 30日間中300時間ゲーム利用 + ビタミンパック 3個選択 29,700ウォン
30日定額 [Orange] : 30日間無制限ゲーム利用 + ビタミンパック 1個選択   29,700ウォン
90日定額 [Purple] : 90日間無制限ゲーム利用(22%割引)          70,400ウォン
定量料金制    : 変動なし


<AION>
標準利用権 (30日 300時間 19,800ウォン)
パワー利用権(90日 900時間 47,520ウォン)
3時間利用権 (3,000ウォン)
30時間利用権(12,000ウォン)


以上となっておりますね。

90日間課金なら、リネ2は日本円換算(1ウォン=0.07円)で¥4928、AIONが¥3326です。月額換算ですと、リネ2が¥1643、AIONが¥1109です。これにより AION はリネ2の67.5%の金額ということになりますから、日本のリネ2課金額に置き換えると90日間課金で¥4860(月額換算¥1620)となります。

まぁ果たしてこのような設定料金でくるかどうかですねー。韓国では月額に加えてアイテム課金も開始されているとのことなのでリネ2よりは安く提供されるのではないかと踏んでおりますが・・・

続きを読む →