TERAのテスト計画っぽいのとMP4再生

4Gamer殿にTERAの日本側総代である潮田プロデューサーさん発のテストスケジュールがぽろりと載ってしまいましたw(ちなみにアテクシは心の中で潮田Pのことを潮田総裁と呼んでたりしまs)

2011年2月26日 TERA LEADER向け,第一回体験会@NHN Japan(TERA DAY)
2011年3月下旬 TERA LEADER向け,第二回体験会@都内(TERA DAY)
2011年4月以降数回実施予定 一般向け体験会(TERA DAY)
2011年夏 CBT開始
2011年夏 OBT開始
2011年夏 正式サービス開始


という感じです。02/26の体験会は50名ぐらいの規模とのことです。地理的なロケーション(NHNーJ殿の所在地が東京都)から遠隔地の方は応募が難しいとは思いますが、このときまでには TERA LEADER は600名居るはずですので狭き門ですねぇ~

もちアテクシは応募いたします。02/26は土曜日なので休日ですし!!

上記の4Gamer殿の記事内容に拠れば、体験会の内容に関しての秘密保持契約は適用しないようなので、当選された方からのリアルな情報発信があるかもですよ。

このスケジュールから逆算して TERA LEADER がプレイできる先行CBTはズヴァリ6月じゃないかと推察(妄想)しますw。7月前半が一般CBT、7月後半がOBT、8月に正式サービスイン。コレダ!(マテ

続きを読む →

TERAの課金体系はどうなる?

いあー平日はホントお仕事で全滅な感じですorz  なのでブログもMMOも週末限定になっちゃってます。

でもこれだけ忙しくなっても現在プレイ中の DragonNest はアイテム課金なので月額固定課金が無い分、何ら財布を傷めることがありません。金額だけのお話をすれば損失感は皆無です。ただ、ギルメンとのコミュニケーションが取れないという損失感は増えてますが・・・

で、韓国TERAの課金テーブルが決まりましたね。(む)ブログ殿に載っておりました

・30日利用権(19,800 ウォン)  = AION と同額
・90日利用権(47,500 ウォン)  = AION より20 ウォン安い
・3時間利用権(3,000 ウォン)  = AION と同額
・30時間利用権(15,000 ウォン) = AION より 3,000 ウォン高い

30日間利用権を日本円に換算すると約1460円、
90日間利用権を日本円に換算すると約3500円となります。


以前のアテクシの日記にAION初日の様子& AION とリネ2の課金テーブルの話を載せております。

果たして日本ではどのような金額になるのでしょうか。
NJC社は予想の斜め上を行く課金テーブルを日本では展開しますが(*1)、ハンゲーム殿はいかなる展開を行うのか期待と不安がないまぜになった気持ちです。

(*1)韓国ではリネ2の67.5%の価格のAIONが、日本ではリネ2より高い設定&米国AIONの倍額設定

続きを読む →

TERA画質。テラ画質ではありませんw

いわゆる超高画質を褒め称えるときに 『テラ画質w』 なんてニコ動の動画コメントに流れたりするわけですが、今回はタイムリーなことに4Gamer殿で TERA の必要スペックチェックに関する記事で韓国OBTでの TERA の画質を見ることができます。

先日の日記で TERA を快適にプレイするために新規構築するなら、出たばかりの Intel Sandy Bridge アーキテクチャー CPU と RADEON HD 6900 シリーズか、GeForce 570 GTX が良さそうと記述しました。

4Gamer殿に載っていたテスト環境は:
ATI Radeon HD 5850搭載のもので,最高画質にしても40fps程度はキープできている。CPUはCore i5 750/2.66GHz


これはほとんどアテクシの現環境(Core i7 920/2.66Ghz & ATI Radeon HD 5850)と同じです。非常に参考になりますっ!!

シーン1とシーン2の二種類の画像が載っておりましたが、InGameで不満のない画質は【画質3】だと感じました。それ以上の画質となると正直この検証だけでは微妙な差という感じですねー。

とりあえずは現行環境でも画質3のLVで結構頑張れそうです。4Gamer殿に載っているシーンがどれも負荷の軽そうなものなので、実際はPTでMOB集団と戦っているときのパフォーマンスがどれぐらいになるのかな、という所ですに。








おまけ:Lineage2 ネタ
(む)ブログ殿に今年実装されるであろう大型アップデートの Goddess of Destruction の内容が少しずつ掲載されているのですが結構インパクトのある情報がありました。

LV85を迎えて『覚醒』すればサブクラスのLVキャップが1つだけ外れてMAX LVまで育成できる。しかもサブクラスへの切り替えが画面からポチッとアイコンクリックするだけでOK(以前は職別のNPCに話しかける必要があった)。そしてLVキャップはLV99になります。

いあー・・・
かつてあてくしがリネ2を休止した理由の1つに、LVキャップが80から85になった時に、サブクラスのLVキャップがLV80で足切りされることが判ってモティベーションが下がったというのが有ります。サブも頑張りたかったので。

去年かな、それでもサブをもっと育てたい人用に、NC/NCJ社は有償でメイン/サブ分離サービスを実施しました。でもこの仕様がやってくることが判っていたらおそらく分離をしないひとは結構いらっしゃったでしょうねぇ・・・分離したキャラは当然キャラ名は別になりますしね。

迷走気味のリネ2ですがLVキャップ99になって大型アップデートはこれが最後なのかなぁー

TMPEGEnc 4 Express の超進化

TERA LEADER として事前OBTでの InGame 活動が始まれば、いつものようにプレイ中のゲームを録画することは間違いありませぬ。

プレイ中のゲームを録画した巨大ファイルを小さくしておく。或いはそれをニコ動やYouTube等に投稿する。このような場合に必須となるのがエンコードツールです。そしてこの手のツールは無料/有料ともにいろいろなものがあります。


あてくしはエンコードツールでは最強と(自分で勝手に思っていますw)TMPEGEnc 4 Express を使っております。細かなエンコード設定や、カット編集機能、各種フィルタリングなどその他にも便利機能があってとてもいい製品なのです。ちょっとお高いのですがそれに見合うだけのことはできるかなぁって。

ただ、これはエンコード専門ツールなので、いわゆるDVD/BDをオーサリングして1本の作品を作る的な編集機能は無いのです。例えばキャプションを作って画面上に自由に配置したり、別の画像をかぶせたり、BGMを全然別の物に差し替えたりとかはできません。いわゆるマルチトラックな編集はできず、あくまでシングルトラック編集なのです。

続きを読む →

TERA に必要なスペックは?

なんだかリアルがとても忙しい・・・

さて、公式サイトで新しいMovieが公開されてちょっとしたInGameの様子を垣間見ることができます。

TERAはEpic Games社製の UnrealEngine3 で出来ています。UE3はiPod Touchでもデモを見ることが出来るます(UE3 for Mobile)。

UE3を使ったゲームに Batman: Arkham Asylum というのがありますがこれは nVidia 製グラボの PhysX に対応してます。Batman: Arkham Asylum での PhysX の有無による違いについては4Gamer殿の特集記事で確認することが出来ます。同様に Mirror’s Edge でも PhysX 有無の差が確認できます。

PhysX に対応するとどんな感じになるかは上述の4Gamer殿のものをみて頂ければその違いがわかりますよー。

でもほとんどのゲームタイトルがPhysXには対応していません。おそらく TERA も対応はしてないと思われます。というよりは MMO でより処理が重くなる(&開発コストが上乗せになる)であろう PhysX を実装する必要はなさそうです。


最近では、RADEONの破竹の勢いにやっとGeForceが追いついた感じですが、2年ほど前の DirextX11 の早期対応&GeForceを過去の物に葬り去った性能の RADEON HD 5800 シリーズの登場でかなりのユーザーがそちらに切り替えたと思うんです。なので PhysX が使えない人達も結構多いと思います。このあたりは価格COMのグラボのとこを見ると一目瞭然です。売れ筋ランキング/注目ランキング/満足度ランキングの3つとも RADEON しか並んでません(2011-0113現在)。



続きを読む →

TERAの操作仕様とキャラクター・ビルドのちょい考察

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いしますっ!!
 
 
 
さて、4Gamer殿にプレス向けのTERA日本語版プレイのお話が載っておりました。

操作系のキーマッピングのことが記されておりましてカーソル・キーによる移動が可能なことが判りました。
うひゃー懐かしい。リネ2をプレイしていたときは移動にカーソルキーを使っていました。さすが元リネ2を製作していた人達がいらっしゃる Bluehole 殿ですなぅ。

また、マウスクリックによるスキル発動が可能っぽいです。これはありがたい。あてくしのような特殊な環境:

特殊な環境:
1.マウス左手、キャラ操作右手(いわゆる左利き)
2.英語キーボード(いわゆるASCII配列)
3.日本語IMEがATOK2011(今はATOK2009ですがUpdate申し込み済)

の利用者にしてみれば右手でコントロール出来るのはありがたいですっ!!

さて、TERA に関しては実際のプレイはまだまだ先になると思いますが、若干理解していることとして、

(1)6種族が存在し、
(2)種族別に選択できる職が異なることは無いが、
(3)種族別に固有のパッシブ/アクティブスキルが存在する。


ということです。

どの種族(&性別)を選んでも職選択に制限はありません。この自由さはとてもよいですね。プレイしたい職とプレイしたい種族の一致が図れるのは実に良い。MMORPGによっては種族を選んだ時点で職が決まるので、必ずしもプレイしたい種族とプレイしたい職が一致しないことがありますゆえ。

ただしちょびっとだけ懸念事項あります。

たとえば EverQuest2 をプレイしていたときに、同じようにどの職も選べるんだけど種族によって職の向き・不向きというのがありました。曰く

  Aという職をやるなら種族はθだよね

というようなもの。

もちろん好きな種族で好きな職をプレイするのが一番楽しいのですが、上記の考えがはびこっちゃうと野良でのPT募集などで、

  『バラプリ(バラカのプリースト)募集ー』

などと言われかねない。

自由なキャラビルドをしたいのにPT効率(≒参加しやすさ)を考えて、定番なキャラビルドで参戦せざるを得ない状況・・・にはなりたくないですよねっ!

とは言う物の、サービスが始まってから暫く時間が経たないと、定番ビルドって生まれないでしょうから皆さん自由に遊ぶとおもわれます。半年もすればゲーム内の情報が潤沢になり先述の 『Aという職をやるなら種族はθだよね』 という記述・考えが生まれるのかも。

種族別のパッシブ/アクティブスキルは外見以上の個性になると思うから、これは存在してて欲しいですが、ゲーム上での設定・調整を誤り、例えば極端にある職にとって優秀な種族スキルが存在すると、その職が全員おなじ種族になってつまらなくなる可能性があります。だってWarriroを募集したらキャスタニックしか来なかった・・・とか変化を求める(≒ネタキャラをもとめるとも言う)アテクシにしてみればこれは残念過ぎる結果になry

むしろアテクシとしては選択に迷いが生じるぐらいの物があって欲しいですなぅ。職と種族の組み合わせでそれぞれ一長一短があって 『ホントどれにしようか迷うワー』 って感じじゃないと、この職やるならこの種族しかないなぁってなっちゃうと寂しいです。

この種族固有スキルに伴うキャラビルドの部分は初手からウオッチしていきたいと考えておりますよー

TERA LEADER の活動

なーんて言いましてもまだまだ何か具体的に出来るものが無い感じですなぅ。

TERA LEADER になる条件的なものが以下のものです:

TERA LEADERは、TERAのサービスを一緒に創っていただける方々のコミュニティです。
・ゲーム情報サイトの新着情報を常にチェックしている方
・普段からTwitterや個人ブログなどを通じて、自分の意見を積極的にアピールしている方
・TERAをよく理解していて、誰にでもTERAに関して自信を持って紹介することができる方


 まぁ本家(韓国)の情報を翻訳されているサイト殿はけっこうありますので、けっこう詳しいも情報あったりします。アテクシのTERA情報源としては4Gamer殿を主軸してます。韓国情報を翻訳されている有志のサイトはちょこっと見るぐらいですねー。というのも、なんというか事前にあまり詳しく知り過ぎちゃうとネタバレみたいな感じになって自身が 「ををっ!こんなふうになっていたのかーっ」 というふうに楽しめなくなる気もするからですに。

 実体験して初めて TERA の良さ/悪さを伝えることが出来ると思います。今の段階では良さ/悪さとかは関係無く(TERA関連の)市井の情報を得ているという感じですなぅ。大筋は本家の情報と相違ないことになるとは思いますが、日本仕様などが実装されるとちょっと違うことになりますしね。まぁ慌てずにいつものマイペースでそのときが来たら TERA のことを紹介してゆければなぁと思います~

 紹介を始めるタイミング的なところは・・・分かりませんw。 多分 TERA の啓蒙活動は、後ほど行われるであろう先行CBTの中で行うことになろうかと思います。そしてアテクシのような特殊な操作環境でのテスティング・レポートも載せたいかなと。

続きを読む →

TERA LEADER 当選&3DMark11 などなど

★TERAのお話
 な、なな、なんと第一期 TERA LEADER に当選しちゃいましたよっ!!(@_@)  驚いたなぅ~

 これに応募するために Twitter を始めたのですが(必須でしたので)使い方を模索中であります。基本、つぶやき的な使い方と思われるのです。が、ぢゃあつぶやく方法は?となると何があるかなぁ・・・と。

 即時性という点では携帯電話からのツイートなのですが、アテクシが所持している携帯は会社の携帯なので業務以外でかつ有料サービスになるのは基本NG。だからといって個人用の携帯を持つと2つ携帯を持ち歩くことになり、あまりに煩わしいので持ってません。なので、いまのところは思いついたことを iPod Touch に入れておいて HotSpot のあるところで送信という形がいいとこですねぇ。ただ最寄りのHotSpotが会社と自宅というorz

 TERAには公式Cafeという場所(TERA NAVER cafe)がありまして、そこにも参加(=NAVERのアカウントを作成)してみました。NAVERのpickというサービスですね。これの便利なところはTwitterとの連携です。pickに投稿したものが即、自分のTwitterに投稿されるので、投稿は軽いpickからおこなうのが楽かな−。アンド、iPod Touch用のpickアプリもあったのでPCが無くても投稿=連動ツイートできる感じですね~

 さてさて、TERAのデベロッパー・ブログには第一期のTERA LEADERの選出に関してプロデューサーの潮田さんのコメントがアップされております。内容的には4Gamer殿でのインタビューに通ずるところとなっております。

そして TERA LEADER のミッションは2つあります。

(1)情報配信:Twitterやブログを通じてTERAを紹介してゆく
(2)初心者サポート:TERAゲーム内で初心者をサポートする

 (1)は自分なりに出来そうですが(2)は責任重大ですね。GMみたいなものとはちょっと違うと思われますが、立ち位置としては、いちプレイヤーである前にTERA LEADERであるような感じでしょうか(想像)。ただ、気負わずに運営さんとLEADER仲間達とで互助しあいながらできればいいなぁと今は思っております。それがアテクシの好きな Co-Operative プレイということになるでしょうから^^v

続きを読む →

宇宙戦艦ヤマト / TERAのインタビュー

 実写版 宇宙戦艦ヤマト を見てきました。原作は小さい頃に何度も再放送されていたので知っていた上での鑑賞です。巷では月9ドラマでコケてしまったキムタク氏が起死回生とばかりにこれに掛けざるを得なくなった(&ヤマトのためにNHK大河の坂本龍馬を断ってますゆえ)ものらしいですね。

 そんな思惑はまぁ見る側にはあまり関係無くて要は『面白いか否か』の一点なのです。ぢつわ機会があって宇宙戦艦ヤマトの原作単行本を読んだことがあります。これただ1巻だけの短い物でした。ただTVアニメにするときにたっぷり肉付けされて長編化されていたってことですね。以下、感想にはネタバレちょっと含んでまっす~

 それを踏まえ上で、実写版宇宙戦艦ヤマトは単行本に近い構成という感想を抱きましたヨ。限られた時間の中での起承転結、うむ・・・個人的にはちょっと物足りなさというか説明不足感と、ご都合的展開を感じつつも(*1)日本の特撮映画も頑張っているなぁと思いましたぬ。ただちょっとキムタク氏が全面に押し出され過ぎてると思いました。パンフレットも戦艦ヤマトよりキムタク氏の写真が大きいですし・・・まぁ大人の事情でそういうことになったのでしょうw

 もう少し宇宙戦艦ヤマトのメカ部分に関しての説明の行(くだり)は欲しかったと思います。イスカンダル星から送られてきた設計図に基づいて波動砲やワープエンジンを初搭載したわけですがそのあたりも今まで使っていたかのようにサラッと使いこなしという感じでしたしねぇ。クルーの人数も極端に少ない描写でした。超大型艦となるとトータルでの操艦(24時間3交代等)、主砲、対空砲、戦闘時のダメージコントロールなどに数千人規模での要因が必要な気がします。 ほぼ全自動化・無人化しているという説明&ビジュアルが1つでもあれば納得なのですが・・・ともかく宇宙戦艦ヤマトのスペック説明が全然なくはじまるんですよねぇ、この映画。映画後半で戦艦自体はほぼ無傷で帰還しつつあるのに生存者数が50人を切っていて「えっ!?」とそっちの方に気を取られちゃったぐらいですw。

 個人的な結論として大ヒットは難しいけど日本のSFXとしては海外のSFXと遜色のない出来映えかなぁと。メカの説明をもっと入れ、足回り(もうちょいハードSF的な設定を入れてのリアル感、プロットの練り込み)を固めて、キムタク氏の主人公度を低める(宇宙戦艦ヤマトはその戦艦自体と主な要員を含んだ形での全体ドラマだと思うので)ことによってより鮮やかな物になったような気がしてます。
  
 
(*1)そのための伏線をちゃんと入れておけばいいのなぁと思いましたワ

続きを読む →